ドライオーガズムを達成するコツ その①呼吸とリラックス | ドライオーガズム研究部

ドライオーガズムを達成するコツ その①呼吸とリラックス

ドライオーガズムを経験したいけれど
アナルプレイを何度経験しても未だに到達できないでいるあなたへ・・・(●´∪`●)

時間内で何度も何度もドライオーガズムでイってしまう人の特徴として
日頃から呼吸が落ち着いていて、体にムダな力が入っていない人が多いように感じます。
普段スーツを着て緊張感のあるお仕事をされていたとしても
ベッドの上では切り替えて、脱力モードに入りやすい人。

また、体の脱力が苦手な人でも
ドライでイきそうになったときに意識的に呼吸を深く変化させて、
自分からオーガズムを迎えにいくようなタイプの方もいらっしゃいます。

反対に、何度チャレンジしてもなかなかドライに到達できない人の特徴としては
共通して呼吸が浅くなっていることが多いように思います。


「イキたい」と意識しすぎて、焦ってしまうと
体が緊張して逆にどんどん感じにくくなってしまう。
それではせっかくの気持ちいい時間がもったいないことになってしまいます。

ドライでイキたいのなら、感じる体をつくらなくては。
感じる体は、ゆるんだ体です。
そのためには、まず深く呼吸をしてリラックスすることが大切です。
昔、私が整体の勉強をしていたときに教わったことですが、
体がゆるむのは、吐く息と吸う息の間なのだそうです。
だからゆったりと長~く呼吸をすることが大切なんですね(*´・ェ・`*)

thumb5


緊張は人に伝染するから、
お客様の体に触れる私自身が緊張していない状態でプレイに挑みたい。
そのために、マッサージと密着の時間があるのだと感じます。
肌と肌が触れ合って、
そこから伝わる温もり、質感、匂い、鼓動に安心する。

くっついてると、もうそれだけで体がほぐれて
気持ちもうっとりしてきちゃうもんなぁ(*´ェ`*)

感じる体にはまず、深い呼吸とリラックス。
多くの人々に癒しと快感を!
(●´∪`)

記事を共有する