【食物性愛?】食べているところを見て欲しい!

食物性愛

Cです。

果たしてこれは性癖に含まれるのか判断が難しいところですが、

以前、ちょっとしたアルバイトしていて目覚めてしまったことがあります。

とにかく自分が何か食べているところを見て欲しい。

ただただそれだけです。

きっかけは梨

お客様からお願いされることの一つに、「自分の指を舐めて」と

いうものがありました。

しかしながら、自分の指を男性器に見立てて擬似行為をすることに

抵抗のあった私はその要望を丁重にお断りします。

でも、代わりに何か食べたり飲んだりすることはできるなと思って

(よくよく考えると飲食することが代わりの行為になると思うほうがおかしいのか)

「梨が今家にあるので、梨を食べることならできますが…」と

提案しました。

承諾を得ると完熟したラフランスを急いで洗うと皮も剥かずお皿に乗せて小走りで

戻りました。この時点でちょっとうきうきしていたと思います。

包丁がないので、指先でラフランスの皮を剥ぐと指で果肉をちぎって滴る果汁をこぼさないように口に運びました。

「美味しいです…」

PCがベタベタにならないように指を舐って果汁を拭い見せつけるようにして、梨を頬張りました。

もっと見て欲しい…。

お客様はそれを見てどう思っていたかはさだかではりませんが、何とも言えない快感を感じ私は非常に満足したのです。

 

エスカレートする行為

とは言えなかなか食べているところを見て欲しいという欲求を叶えるのはハードルが高く、

運良く梨の方のような方がいればいいのですが、いきなり「食べているところを見て欲しい」

なんて切り出すのも難しいですし私は機会をうかがいました。

ごく稀に「指を舐めてみて」という要望があるので、お客様の反応を見ながら

食べ物を食べるという方向に持って行きました。

一度サディストの方に遭遇して罰を受けたんですがそのときは指を口に含むように命じられたのに、

「いちごでもいいですか?」と無茶ぶりをして、しかも了承を頂いていちごを見ている前で

食べることに成功しました。

でもただ食べるだけでは許してもらえず、

「咀嚼しないようにイチゴを丸ごと口に含め」と命令されました。

とは言っても完熟したイチゴは口内で唾液と混ざりあってだんだんと

潰れていきます。

噛んで味わいたいのをグッとこらえて、口に含み続けました。

イチゴの形がなくなったころ口を開けてみろと命令されて、

口の中でぐちゃぐちゃになってしまったイチゴを見せる羽目になりました。

恥ずかしかったです…。

 

だんだん慣れてくるとお客様の許可もなしにさりげなく食べ物を食べるという

技術も身について、みかんや箸を使わなくても食べたれるような食べもはよく

食べていました。

 

一説によりますと食べるという生理現象を満たす行為を、人前で晒すことに恥を

感じるらしいのですが、私はその恥ずかしさに快感を感じているのかもしれないと思いました。

と書くと、かなり変態っぽいのですが飲食している姿を人に見て欲しいのは事実ですし

その欲求はエスカレートとして

「次はこの食べ物を食べているところを見て欲しい」

だんだんとそう思う頻度が高くなっていきました。

ケンタの濃厚バターチキン

ついには衝動が抑えきれなくて、「骨つきの肉を食べているところを見て欲しい…」

と思いたち最寄りのケンタッキーで好物の濃厚バターチキンを購入しました。

この時点でもう動悸がして気持ちが昂ぶっていたと思います。

おなかはさほど空いていないにも関わらず、見てもらうためだけに1ピースの

チキンを買っている自分がちょっと情けなかったのですが、仕方ありません。

アルバイトのPCの画面の前に座って、いつでも食べられるようにチキンをお皿に乗せて

セットしておきました。

チキンは決していかがわしいものではないのに、机の上に大人の玩具が置いてあるような

そんな気持ちになってしまします。

お客様とたわいのない話をして、唐突ではあったのですが

「…ちょっと、お願いがあるんですがチキンを食べてもいいですか?」

普段は快活なCですが、このときはすごくもじもじとお願いしていたと思います。

了解を得て、ついに念願だったバターチキンを口に入れます。

部位はウイングというのも理想どおりです。

モニター越しの自分の食べている姿が確認できます。

肉が引き裂かれて、口腔内に入っていく様子がよくわかりました。

ちなみにですが、食べていいか聞いて断ってきたお客様は誰一人いらっしゃいませんでした。

それまでなんで飲食するのかということについて、説明したことはなかったんですが

はじめてそのチキンのお客様には

「自分にはこういった癖があってどうしてもバターチキンを食べているところを見て欲しいんです」

と打ち明けてしまいました。

理解しがたいことで困惑されていたと思いますが、

「美味しそうに食べるね!」と言っていたのでOKでしょうか?

 

一つ困っていることとすれば、今はそのアルバイトを辞めてしまっているので

欲求を満たすことができない…ということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました