眼鏡フェチは上流階級の孤独な嗜み

コンタクトレンズがすっかりと浸透し、眼鏡をかけて生活している女性は少なくなりました。そうした社会の中でひっそりと潜んでいるのが眼鏡フェチの人たちです。それは男性も女性もある一定層います。

しかし、モデルやグラビアアイドルが偶にコンセプトとして眼鏡をかけている姿を見ても興奮しないという人が多いです。本物の眼鏡っ子を求めているのですね。

その魅力は何なのでしょうか?

眼鏡には外見と内面に属性がつく

異性が眼鏡をつけることによって生み出される効果は二つです。

「大人しそうで純粋な雰囲気」

「知的で引き寄せられるカリスマ」

これによって引き寄せられてしまうのです。

女性はあまり大人しい男性を好みませんので、知的メインですかね。

この二つは一部の男性にとって性的な魅力となるものです。

自分よりも上の知識を持っていながら、性格的には下にある。

そうしたサドっ気のある、特に男性にとっては堪らない属性です。

特に今の時代、眼鏡をものにしている女性は稀です。

眼鏡が生み出す性欲は雰囲気です。

つまり、普段はギャル的な生活をしているモデルやグラビアアイドルがかけていても魅力を感じないのです。

内面と外見を上手く両立して、美しい眼鏡のかけ方をしている。

そうした女性は稀に見かけます。

しかし、ガードが固いため、自分のものにするのは困難でしょう。

そこにも興奮を覚えるのです。

希少価値だからこそ、性欲が増幅するのです。

眼鏡のフレームによって好みもある

眼鏡と一言で言っても色々あります。

丸眼鏡、金属製、黒ぶち眼鏡。

眼鏡フェチの人は理想が高い傾向があります。そのため、自分の好みの眼鏡のタイプがあるのです。

大人しい人が好きならば、黒ぶち眼鏡ですね。黒ぶち眼鏡で読書をしている姿、そそりますね。目立たない。だからこそ、上流階級の目に肥えた人の目にはばっちりと映っているのです。

知的さを求めるならば、メタルフレームですね。ストイックな感じがします。そして、

「恋愛なんて興味はありません」

という雰囲気を醸し出しており、そこがまた攻略をしたいという妄想を掻き立てます。

眼鏡フェチは眼鏡なら何でもいいというわけではない人が多いのです。

眼鏡は妄想を掻き立てる

異性を意識している女性は必ずコンタクトレンズをします。男性はそうではないですが、特にファッションを気にしていない男性が多いです。そうした中で感じるのは、

「何でこの女性は眼鏡をかけているんだろう」

という妄想です。

「自分なんてどうせモテないから」

と思っているのか、

「特に異性に興味がないから」

などの特殊な事情があるのだろうか?

そうした妄想を掻き立てます。

そうです。

眼鏡フェチにとって、眼鏡をかけているという事実自体に興奮を覚えるのです。

その人の人生を勝手に書きたて、性格などを妄想できます。

眼鏡フェチの興奮する時って?

眼鏡フェチは少数派であるため、眼鏡に特化したアダルトビデオなどはあまりなく、あっても眼鏡にそぐわない女性が無理やり眼鏡をつけていることが多いです。

そのため、眼鏡フェチは駅や道などですれ違ったふとした女性を見て、一気に興奮します。それはフェチとして機会がないという意味では悲しいことかもしれませんが、興奮の度合いは他のフェチに比べて大きいものがあります。

一瞬にして、複数の要素が絡み合い、激怒な興奮を覚えるのです。

また、中には幸運にも眼鏡っ子と付き合える人もいるでしょう。そうした人は、まず自分の手で眼鏡っ子の服を脱がせます。それが眼鏡フェチの正しい作法だからです。

高価な価値のものは自分につけて満足感を得たい。

そうした一般人の理性と似たものがあるかもしれませんね。

勿論、行為の最中は眼鏡をかけたままで明かりは消しません。眼鏡フェチにとって大切なのは、その子の感情と表情です。体はあまり意識しません。ぺちゃぱいであろうが、むっちり体型であろうが、顔が良ければ気にしません。顔を見て、興奮するのです。

眼鏡は顔のオプションです。

つまり本当に眼鏡が似合っているのを見ると興奮します。それに性的興奮を発散する場所があれば最良でしょう。

まとめ

眼鏡フェチは少数派の中でも更に少数派です。私も眼鏡フェチについて友人に語った時、

「つまりはエロ教師みたいなのがいいんだろ?」

と的外れなことを言われました。

眼鏡はエロから遠ざかっている神聖なものだからこそいいのです。触れてはならないという背徳感があるからこそ興奮するのです。

アニメなどでは眼鏡キャラは良く出ていますが、いつもモブキャラですよね。眼鏡っ子がメインヒロインであるということはなかなかありません。眼鏡はただのキャラ分けに使われている傾向があります。

そんな世の中でも眼鏡に適合しているというだけで興奮する人はいるのです。数少ない中、ふとした瞬間にそのフェチは開花して、興奮を覚えます。

眼鏡フェチは孤独です。

それでも眼鏡にはとてつもない魅力を感じてしまい、引き寄せられるのです。

記事を共有する