【露出体験】初めてのフェラチオは山頂にある公衆トイレでした。

私は過去に自宅で露出モノのAVを発見して以来、露出プレイに強い関心を抱いています。
初めて男性と性的な経験をしたのは20歳手前で、サイト上で知り合った大人の男性とでした。
この記事では、そんな私が体験した露出に関係する体験談をご紹介します。

サイトで知り合った男性と初めてのお出かけ

当時10代後半だった私は、特殊性癖者が多く集まるサイトに書き込みをし、会える人を探しました。
書き込みの内容はあまり覚えていませんが「本番なし・露出プレイをしてくれる人」ぐらいの簡易的な応募だったと思います。
その時とくに付き合っている相手もおらず、もちろんセックスも未経験の処女だった私は、露出には強い興味があったけど、本番行為には抵抗を持っていました。

書き込みをするとすぐに何人かの男性から相手の申し出があり、初めてでよく分からない私は頭を悩ませます。
結局、その中でプロフィール写真があり、比較的若い男性を選んで返事を贈りました。
いま思えば、サイトの使い方もよく分からない子供だったのに、とても紳士な男性を選べて良かったです。

男性と顔合わせ

待ち合わせの地元駅に向かうと、相手の方が車で既に到着していたので、その車に乗り込みました。
ものすごく緊張している私を気遣い、男性はぽんぽんと会話を広げてくれましたが、私はもう脳内のHな妄想がとどまらず上の空になっていたと思います。

『今から男性とHな行為をする』
『屋外で性的なことをする』

そのことが、私をひどく興奮させました。

車で連れてこられたのは展望台などもある山の頂上

男性の運転でやって来たのは、地元ではそこそこ知名度があり、展望台や広い駐車場もある山頂でした。
私も過去に家族で訪れたことがあるので知っています。
そこで男性は私を車から降ろすと、多目的用トイレを指さして私にこう告げました。

「俺が先に入るから、誰も近くにいないことを確認してから入ってきて」

私がその言葉に同意すると、男性はそのままトイレの中に入っていきました。
私は少ししてから周囲に誰もいないことを確認し、恐る恐るドアをノックします。
このとき私は、本当に性行為をするんだと下腹部が熱くなるのを感じていました。

公衆トイレに2人で入る

ドアをノックし、トイレに入ると、男性がすぐに鍵をかけました。
鼻息は荒く、男性も私と同じく屋外での行為に強く興奮しているようでした。
立ったまま私の胸や尻を揉み込み、服をはだけさせると乳首を露出させ、指先でこりこりといじります。
私は初めての男性からの愛撫、初めての屋外での行為に、足をがくがくと震わせました。

人生で初めてのフェラチオ

男性は私の胸をある程度愛撫すると、私のことをしゃがませ、テントを張っている自分の股間部分に顔を近づけさせました。
性行為が初めての私でしたが、知識は入っていたため、すぐに相手の方がフェラチオを望んでいることに気づきます。
ズボンを下げられ性器が露出すると、自分でも驚くぐらいすんなりと舐め始めました。
外からは時折車の発振音や人の声が聞こえ、そのたびに舐めながらびくびくしていたことを覚えています。

少しずつ奥までくわえこめるようになった頃、男性はフィニッシュが近くなったようで私の後頭部を軽く押さえました。
おえっとなってしまいそうなのをぐっとこらえ舐め続けると、男性のうめき声と一緒に、口内に粘り気のある精液が発射されたのです。
男性が優しく「出しな」と言ってくれたので、そのまま便器の方に移動し、精液ともヨダレとも言えない液体を口から吐き出しました。
思っていたよりも苦くないんだな、というのが初めてのフェラチオの感想です。

クリトリスをいじられて愛液があふれる

フェラチオを終えた後、男性は私を再び立たせ、スカートをまくりあげました。
下着をずらし、クリトリスを指でこねくりまわすように刺激していきます。
声を出してはいけないのに、強すぎるぐらいの刺激に翻弄されて、必死に声をもらさないよう男性にしがみつきました。
山頂に吹く風が扉を揺らすたび、バレたらどうしようという怖さ、見られてはいけない場所で性行為をしている興奮が入り混じります。

結局、その日はクリイキをすることはありませんでしたが、男性が愛撫していた指先を私に見せつけるように顔に持ってくると、愛液でぬらぬらと光っていたことが印象的でした。
このときの行為が、私はやはり露出という行為に興奮し、濡れてしまう体なのだと自覚したきっかけです。

この経験がきっかけで露出願望が加速しました

その後、公衆トイレを一人ずつ出ていった私達は、男性の運転でまた駅の方に向かっていきました。
ちなみに、山中の車通りが少ないところで停まり、二度目のフェラチオを車内でおこなっています。
その時も男性は私の口内に射精し、私は男性の精液は2回目だと薄くなるんだなとぼんやり考えていました。

私はこの経験をきっかけに、露出プレイへの関心が増し、どんどんのめりこむようになります。
車内でのプレイ、店内でのプレイ、屋外でのプレイ…。
今後やっていきたいプレイも露出に関することが多いので、体験を積み重ねていきたいです。

今回は私の露出プレイの原点的お話をしました。
私と同じく露出に興味がある方、踏み出したいけどきっかけがない方は、ぜひ参考にしてみてください。


管理人厳選!おすすめ露出動画

記事を共有する