【無限大の妄想の世界へようこそ】二次元もたまには良いじゃない

女は紙とjpgに限る(挨拶)

皆様、はじめまして。ライターの神楽です。

さて早速ですが……今や同性どころか、ゲームやアニメのキャラクターたちと挙式を上げる人たちすら珍しくもない時代です。

古典の平家物語に曰く「諸行無常、盛者必衰の理をあらわす」の言葉通り、たとえ三次元の美男美女であろうとも、どんなに頑張っても必ずいつか劣化する!

しかし、二次元は決して裏切らないのです!
いつだって彼、彼女らは変わらず画面や紙の中で生き生きとその美しさを保ち続ける物です。

今回はそんな二次元の世界へのご案内です。

生身じゃ出来ない数々のプレイ~今や一大メディアのエロマンガの世界

このサイトをご覧の皆さんは当然様々なフェチズムをお持ちの紳士淑女とお見受けします。

人の数だけあるこだわり、性癖、倒錯的な趣味……それらは必ずしも現実の相手が完璧に答えてくれるとは限らない物。

さりとて、妄想だけでは何もかも限度がある……そんな時にオススメなのがやはりマンガや小説でしょう。

しかし、また一方で……

「紙の本は場所を取る」
「万が一、家族や彼女に見つかったら」
「しかもエロマンガなんて」

そんなお悩みも、今ではスマホ一つあれば全て解決。
そう、DMMならね!

DMMさんの成人向け電子書籍

エロビデオ屋からのし上がった大手はやはり格が違います。
パソコンからはもちろん、スマホでの読書向けに最適化されたエロマンガがお手軽に手に入るのです。

不定期に開催される10円セールなどを利用するのもいいですね。

コンビニや書店などで手に入る成人向けの雑誌の数々は、
多くの規制が原因で、過剰な自主規制や業界ルールなんて物のせいで、どれもこれも似たり寄ったり……言ってしまえ「お利口さん向け」なつまらないありきたりな物ばかりです。

一方で、こうした規制から逃れた本気の性癖を持った皆様向けの作品がネット書店では多数手に入ると言うのは利用しない手は無いでしょう。
ただ最近では、青少年条例やら健全ブームやらの煽りをモロに食らってるのも事実です。
先に述べたコンビニでの流通規制やらに比べれば軽度ですけれど、言ってしまえば世間ではあまり表に出来ないような趣味や性癖を持つ我々のような人間がこっそりと楽しむことすら世の中の自称「健全潔癖な大人の皆さん」は許さないように動いているのは、本当にけしからんことです。

いらっしゃい同人誌の世界

先のDMMさんの電子書籍の話をしましたが、その中でも更にカオスな作品が集まるのがこちら

DMM同人R18

同人誌の世界に詳しくない方々のためにごく簡単にご説明しますと、基本的にはこちらは作者の皆さんが多くの規制の目を逃れるために作った自費出版物です。
昨今の報道などでは、いわゆるアニメやマンガ、ゲームの二次創作ファンアイテムと言う趣が強いですが、いえいえ、実はそんなこともないんです。

むしろそういった二次創作ではなく、作者独自の設定と世界観、そして性癖を押し込めた「一次創作同人誌」と言うものも少なくありません。
むしろこういった世界観が固定されないからこそ、自由な作品が多数生まれる環境になります。もちろんモザイクなどの画像処理はあるのは法律の問題でしょうがないですが、編集や世の健全な大人の皆さんに左右されない漫画家さんたちの本気が詰めこまれた珠玉の作品たちには今の時代はネットでひょいと買えてしまうのです。

かと言って二次創作は「元になった作品を知らなかったら楽しめないんじゃない?」とお思いかと思いますが、逆に言えば、知っている作品から探すのも良いでしょう。
検索ワードにちょいと自分の読みたいマンガやアニメ、ゲーム作品を入れて検索をすれば、一つ二つは出るもの。世の中には「自分一人しかこんな性癖持ってるやつはいないだろうな」ってことは無いのです。必ず皆様のハートと息子を射止める作品があるでしょう。

DMM同人ではそれこそ自由な作品たちが集まっています。
ここならば多くの人が「これこそは!」と感じる作品が必ず手に入ると断言できます。

おわりに

「お前はDMMの回し者か?」

いえいえそんなことはありません。
世には他にも多くのこうした二次元の作品に血道を上げる人もいらっしゃり、そうした作品を供給したいサイトやサービスがあり、そして作品たちが存在する、と言うただそれだけのことなのです。

たしかに普段のこちらのサイトの毛色とは若干脱線しましたが、事実として世の中にはこういった形で自分の欲望の数々を満たすサイトや作品たちが実は結構な数存在しているのです。
今回ご紹介出来なかった中では他にDl.siteさんやDL.Getchuさんなどもございます。
私としては、今回のご紹介が皆様の日々の性活に一滴の潤いを持たせられたら、これほどうれしいことはありません。

それでは今回のご紹介はここまで。
また次回がございましたその際には更にディープな世界をご紹介いたしたいと思います。

記事を共有する