メイドに尿道責めされた少年 第②話

この物語はフィクションです。登場する人物、団体名等、名称は実在のものとは一切関係ありません

第①話へ

「さ、沙耶さん、やめてください、恥ずかしいです…あっ…あああっ!」

「大丈夫ですよ坊ちゃん、ふたりだけですから恥ずかしくないですからね。フフ…ウフフ…ほおら、こんなになっちゃって…」

沙耶は強く握らずに、親指と薬指だけで少年のペニスを軽く持ち、亀頭に人差し指をゆっくり這わせた。

「あっ、ダメです…ああっ、ちょ、ちょっとやめて…ウウッ…」

メイドにすこし触られただけで、毎日のように自分でしているオナニーとは比べ物にならないほどの快感が走った。思わず声が出てしまう少年の反応を見ながら、沙耶の指が少年の敏感な部分を弄んでいく。

「気持ちいいんですね、こんなに大きくしちゃって。いやらしい坊や、そんなに反応してたら、メイドさんに敏感なところが全部ばれちゃいますよ、ウフフ、ほらあ…」

メイドの指が、少年の敏感な部分を丹念に調べていった。

ゆっくりと指を這わされただけだったが、自慰を覚えたばかりの年齢の少年にとっては、それでも強すぎるほどの刺激だった。敏感なところをさぐり当てられると、少年のけぞり、膝をふるわせ、声をこらえきれなかった。

少年なぶり

自分の指の動きに可愛く、そして悩ましく反応する少年を見て、沙耶はなんとも言えない興奮を覚えた。自分が少し指を動かすだけで、少年が悩ましく狂っていく。恥ずかしいのか、それとも罪悪感があるのか、少年は快感に体を震わせながら、歯を食いしばり、メイドの腕をぎゅっとつかんで刺激を弱めようとして、必死に我慢している。そんな少年を快感のとりこにしてしまいたいという、どこかサディスティックな感情が湧いてくるのを沙耶は感じた。

「坊ちゃん、なんで歯を食いしばってるの?恥ずかしくて感じないようにしてるんですか?でもほら、ここが弱いんですよね、ほら…フフフ、ほら気持ちいい…」

「目をつぶっちゃて、そんなに恥ずかしいの?でもダメですよ、いま見ておかないと、メイドとの初体験はもう二度と見る事が出来ないんですよ。目を開けて、ちゃんと見て下さいね。フフ、ほら、自分が何されてるのか見るのよ…」

沙耶はうしろから少年を抱きしめ、指でペニスを弄びながら、耳元で少年にささやき続けた。必死に我慢しようとする勇気だったが、弱い部分を指で撫でられ続け、耳元でいやらしい言葉で誘惑され続け、自分の意志でがまんするより先に、沙耶に心も体もコントロールされてしまうかのようだった。

「イヤイヤって言いながら、おちんちんの先からどんどんあふれ出て来てるわよ。気持ちいいのよね、こんなに溢れさせちゃって…フフ、エッチな汁がどんどん溢れてくるわよ、いやらしいおちんちんねえ…」

「いけない坊や、おチンチンこんなに濡らして、栓をしないと床がビショビショになってしまいますよ、アハハ」

弄ばれ、からかわれ、メイドの人差し指の動きだけで、勇気はもう限界まで追い込まれていた。

「アアッ…も、もうダメです。沙耶さん、指動かしちゃダメ、ウッ…アアアアッ…」

セックスに慣れた大人の女にとって、経験のない少年など赤子同然だった。腰を引いて逃げようとする勇気だったが、うしろからメイドに押し返され、ペニスを目の前に持ち上げられてしまった。

「クスッ…勇気さん出ちゃいそうなの?メイドに見られながら射精しちゃうの?恥ずかしくないんですか?フフ…アハハ…ダメですよ、イかないように沙耶が指で押さえててあげますからね…ウフフフ…」

尿道刺激

今まで亀頭を可愛がっていた指が、ゆっくりと少年の鈴口に伸びてきた。そしてその指は、がまん汁があふれて止まらない鈴口をおさえ、ゆっくりと動いた。

「アアッ、沙耶さん、ダメ、ダメええ!!アアアッ!!!」

今までと違う場所をいきなり刺激され、少年は激しいオーガズムに達してしまった。メイドがすこし指を動かしたものだから、指が鈴口をおさえるだけでなくすこし内側まで入ったのだった。鈴口のすこし奥。そこは、体の外側と内側の境界で、刺激の強さがまったく違う場所だった。

「えっ?やあだ、勇気さん、射精してますよ。ウフフ、アハハハ、先っぽ気持ちよかった?ここ気持ちいいの?ほら、ほらあ…」

自分に抱きかかえられたまま、必死に我慢しながらいやらしく精を放ってしまった少年を見て、沙耶はえもいわれぬ快感と興奮を覚えていた。そして、悪戯心がおさえきれなくなり、少年が達してしまった敏感な部分をさらに弄ぶのだった。

「ウ、ウワアッ、沙耶さんダメ、ダメえええ!やめて下さい!アアアアアッ!!!」

メイドの指が垂直に立ち、まるでペニスの中に押し入ろうとするように、小刻みに動かされた。

「フフ、坊や、ここがいいのね。気持ちよくてまたイっちゃう?フフ…ほら、ほらあ…出しなさい、いやらしく飛ばすのよ、アハハ…」

これまでにない妖しい笑みを浮かべながら、メイドは少年を弄った。今まで自分で触った事もないところを弄ばれ、あこがれの人から思ってもいなかったようないやらしい言葉をささやかれ、少年は大人の女に狂わされていくのだった。

次話へ(未公開ならTOPへ)

管理人厳選!おすすめ尿道責め動画

記事を共有する