ザーメンを100発以上飲める女性が大好き

ザーメンを100発以上飲める女が好きです。

本音を言うと大量のザーメンを飲んだ女性と結婚や交際をしたいと思っています。

と、言うかあまり他人のザーメンを飲んだことが無い女性に興味が湧かないのです。

最近は、少なくなりましたが、女性が高学歴や会社名などの意味不明な要素で男性に惚れたりするかの如く私は、ザーメンを飲んだ数で女性に惚れます(笑)

女性が高学歴男性を見るような図式で並べてみました。

私は学歴差別をするわけでは無く、寧ろ嫌いです。

あくまで比喩として出したまでです。(笑)

左にザーメンを飲んだ人数、右にごっくん偏差値で例えています。

精飲数      ごっくん偏差値

1000人以上 → 90

200~300人 → 80

100人以上   →   70 

20~30人     →   65  素人としては凄いレベル 

5人~10人   → 60 素人としては、まあまあ

1~2人         →    50   交際対象か微妙

0人             →    測定不能  問題外 

では、飲んだ人数をどうやって聞くのでしょうか?

AV女優さんや風俗嬢などである程度、プロとしてかなりの人数のザーメンを飲んでいる場合は、ラッキーです。

AV女優さんや風俗嬢の場合は1000人くらい飲んでいたりするので、それだけで惚れるかも知れません。(笑)

しかしながら、毎回ザーメンを飲んだ経験のある女性とばかり出会うことが出来るわけではありませんから、聞かなくてはならなくなります。

最初は、さりげなく聞くようにします。

最初は、口内発射の話題から上げて行きます。

最初に下ネタと言うか性に関する話題へ持って行くことが重要です。

いきなり言えば、男性の立場が弱くなっている日本では、セクハラで訴えられます。

パターン1

「やっぱ、口に出されるとか最近抵抗無い人も多いですよね~」

「そうね~、でもあたしは苦手だから。」→話終了

「そうか~そうだよね。」

パターン2

「やっぱ、口に出されるとか最近抵抗無い人も多いですよね~」

「そう?最近、普通じゃない?」

「え?そう?じゃ、飲んだりするほう?」

「え、普通に飲まない?」

「何人くらい?」

「う~ん。結構多いかな~20人くらい?」→交際する可能性あり

「へえ、じゃ、詳しく聞かせてよ~」

出会い系サイトなどで知り合った場合も同様です。

出会い系サイトなどで知り合ってある程度話が乗って来た場合も上のパターンで聞きます。

「ザーメンを飲ませたいの?」

「ザーメンを飲ませたいの?」と女性から聞かれますが、そうではなくて、他人のザーメンを飲んだことに嫉妬する性癖なのです。

正直、自分のザーメンを飲まれた瞬間に覚めます。

交際中なら別れてしまいます。

結婚しているなら離婚してしまうかも知れません。(笑)

それほど、切実な問題なのです。

キモい他人のザーメンを過去に飲んで来たと言う履歴書に興奮するのです。

あたかも、高学歴フェチの女性が高学歴と言う履歴書に興奮するように(笑)

AVも見るジャンルが限られます。

AVやポルノは勿論、ごっくん物しか見ません。(笑)

100発飲むなどがタイトルに含まれているようなシリーズを検索します。

100発以上飲むようなシリーズが好きです。

【FANZA(ファンザ)/(旧DMM.R18)】乙音奈々が遂にAV引退!最後の花道として100発の精子をゴックン!!拘束されながら、集団にかこまれながら、可愛い瞳で見つめながらの主観フェラもありの怒涛のごっくんドキュメンタリー!飲み干す様は超必見です!

もし、ごっくん以外のジャンルを見る場合は、その女優が他の作品でザーメンを大量に飲んでいるか?で判断します。

要は、大量に精子を飲んだ女性以外には魅力を感じないのです。

100発ごっくんでは、アストログライドのローションをつけて、最後まで見ながら最後の100発飲んだ瞬間に抜いたりしています。(笑)

元NASAの技術者が開発した高性能水性ローション ナチュラルはオールナチュラル商品と認定された自然派タイプ

筋肉質でワガママなSぽい女性の方が好き

ここからは、多少、ごっくんとは違う個人的な女性の好みになります。

一般的に、M女であれば、少し「ねえ、飲んでよ!」と口説けば、飲みます。

だから、M女にはあまり興味が湧かないですね。

ワガママでSポイ場末の売春婦のような女になるとプライドの塊のような感じで飲まない感じだから、そういう感じの方が好きです。(笑)

筋肉質なSM嬢のような女性ならば、支配してくれそうで好きです。(笑)

海外ポルノであれば、このタイプの女性は滅茶苦茶多いです。

酒やタバコは当たり前で、注射やら、葉っぱやらやって来た様な場末の娼婦のような女優さん達が、「ファッキュー!」なんて言いながら大量にザーメンを飲んでいるから好きですね。

日本だと、どうしても大人しいアイドルのような感じが多いので、本当は海外の女優さんの方が好きです。

どうしても、日本では、海外の女優さんの大量ゴックン物は見られないですけれども、今後、増えていくのを望みます。


管理人厳選!M男さん向けおすすめ動画

記事を共有する

ken

男尊女卑な日本の地方都市では奴隷のように女性の足を舐めまくったりして変態扱いされていた。

地方では、風俗嬢からも性癖をキモがられて出禁を喰らう。

足フェチがバレて初恋の彼女にフラれる。

そのため海外に自由を求め、日本を脱出し海外を放浪する。

日本での生活を捨てて、海外まで美女の素足を舐めに行ったり、ごっくんをさせにいった兵(つわもの)である。

『浮気するのは嫌いだが、浮気をされるのは興奮する』という『浮気されフェチ』でもある。

アグレッシブな女が好きで、女海賊や女剣士が好きである。

現実世界では、美女軍人や美女格闘家からボコボコにされるのが好きである(ただし、美人に限る)。