性対象倒錯(状況)

[小説]短編

処女探偵アリサのセックスシンドローム 第④話

第①話へ 「そうですか・・・彼は新堂露夢という名前ですか」  街中の喫茶店で、アリサは今回の依頼人である葛城レイコに中間報告を行っていた。 「申し訳ありません。今のところ、情報はそれだけです。まだ、彼の真意については掴めていません」 ...
[小説]短編

処女探偵アリサのセックスシンドローム 第③話

第①話へ  新堂露夢と宮藤アリサの初遭遇から二日が過ぎた。  アリサは、さすがに解放された翌日は、心身に受けたダメージで一日寝込んでしまったが、露夢への怒りと屈辱はすぐさま彼女を奮い立たせた。  露夢から手を引くように言われたアリサだ...
[小説]短編

処女探偵アリサのセックスシンドローム 第②話

第①話へ  宮藤アリサは、写真の少年の調査を着々と行っていた。  黒のスーツに白シャツというスタイルは、アリサの肩まで伸びる長い髪とシルバーフレームの眼鏡とマッチして、さながら女刑事のようであった。  何人かの生徒に写真を見せてあたっ...
自慰性愛

不能の果て~彼女の本性を知った僕~ 第⑤話

第①話へ 「残念だったわねえ。そうだ、浜辺さん。良い感じみたいだし、この人とエッチしたら?浜辺さんのやらしいカッコみて、ビンビンみたいよ」 隣人は、奈未の後ろにオドオドと隠れながら、美也の痴態をしっかり凝視して、ジーパンに棹を立てていた...
自慰性愛

不能の果て~彼女の本性を知った僕~ 第④話

第①話へ 拓郎は気乗りしないながらも、奈未の言う通りに何かに打ち込んでいた方が、美也のいない寂しさを感じずに居られた。美也からのメッセージを受け取った時、以前美也に感じていたような愛情は、何か別のモノに変質していた。 奈未の言う通り、美...
自慰性愛

不能の果て~彼女の本性を知った僕~ 第③話

第①話へ 唇に、拓郎が自分でも情けなるほど萎びたままのイチモツを含みながら、奈未は、彼を気遣うように優しく訊いてきた。それでも、拓郎は胸に針を刺されたようで、しばらく返事をしなかった。無言を是と受け取った奈未は、 「なあんだ、早く言って...
自慰性愛

不能の果て~彼女の本性を知った僕~ 第②話

第①話へ 不能である事を伝え、 「でも、俺美也のこと大好きだよ」 と、美也を真っ直ぐ見詰めて言うと、しかし、美也は、ややあって拓郎から視線を逸らした。 「ごめん、今日は、一人になって、ゆっくり考えたい‥‥ごめん、ごめんね。拓郎」 ...
自慰性愛

不能の果て~彼女の本性を知った僕~ 第①話

炎天下のスクランブル交差点で、背筋が凍る様な悲鳴がにわかに轟いたが、拓郎はそれをまるで他人事のように遠くで聞いていた。 空気の振動は、確かに拓郎の耳にも届いたが、突然の出来事に、彼の知覚は麻痺していた。ベスパに乗っていた拓郎は、その交差点...
嫉妬性愛

寝取られ好きにオススメしたい!おすすめエロゲー3選!

皆様、こんにちは。 ディルでございます。 寝取られモノ ここ近年、寝取られモノが特殊性癖の一ジャンルとして広く定着してきた感があります。 一昔前までは、かなりニッチで一際アブノーマルな性癖というイメージがありました。 寝取りはあっ...
被虐性愛

ザーメンを100発以上飲める女性が大好き

ザーメンを100発以上飲める女が好きです。 本音を言うと大量のザーメンを飲んだ女性と結婚や交際をしたいと思っています。 と、言うかあまり他人のザーメンを飲んだことが無い女性に興味が湧かないのです。 最近は、少なくな...
嫉妬性愛

彼と見つめ合いながらイッちゃった!初めてのスワッピング体験

私は過去に、愛人をやっていたことがあります。水商売のお客様から体の関係になり、相手は結婚していて私も彼氏がいたのでお互いに割り切った関係でした。その愛人は私よりも15歳程年上だったので、SEXのテクニックもすごく、まだ若かった私にとっては抜...
[小説]1話完結

彼を開発。20代派遣社員に隠語言わされてイカされる部長

靖夫はいわゆる堅物で真面目一筋な50歳部長。 結婚は一度しているが離婚も一度していた。 綾は自由奔放な24歳で靖夫と同じ部署にいる派遣社員だった。 2人の関係はセフレではなく、まじめに付き合っていて週末はだいたいホテルで過ごしていた。...
被虐性愛

一見エロくないけど実はエロいアイテム4選と使い方

こんにちは。セックス大好きセリカです。 ドMのセリカさんは、少しM視点から、エロいアイテムを考察していきます。 羞恥プレイや焦らしプレイが、簡単にできてしまうアイテムや、拘束プレイや目隠しプレイが手軽にできるアイテムを紹介していきます。...
[小説]1話完結

サイコキラー・サディズムプレイ

思いがけない収穫……いや、新たな性癖の開拓……いやいや、開発か。 うまいこと言ったもんだ。俺はニヤニヤと笑いながら、親指でこするように、唾液でぬめった唇をぬぐった。まるで野良犬の交尾を偶然、目撃したように、奇妙な高揚感と不思議な歓びがあっ...
[小説]短編

妻のおっぱいを揉んでください 第③話

第①話へ 目覚ましが鳴る。はっとした。夢…か。覗きの一軒家なんて、どうもおかしいと思ったら、夢かよ。なんだ。ホッと胸を撫で下ろした。しかし、本当にホッとしているのか分からない。妻が犯されているので、私は嫉妬しているはずなのに、勃起したし、...
[小説]短編

妻のおっぱいを揉んでください 第②話

第①話へ 私の前を裕奈が歩いている。ああ!裕奈。待ってくれ。しかし、私の声は出ない。なぜだ?なぜ、私は叫べない?裕奈っ!ちくしょう。 裕奈は私の前をどんどん歩いていってしまう。待ってくれよ。裕奈。 すると彼女は、とある一軒家に入って行...
[小説]短編

妻のおっぱいを揉んでください 第①話

私は東京にある三流私大の准教授だ。35歳。順当に出世して、今に至る。大学の給料は年間800万円くらい。35歳という年齢では十分な対価だろう。 私は結婚しているが、妻の実家が資産家なので、品川にある自宅マンションは一括で払ってもらっていた。...
少年性愛(フィクション)

ショタ系アイドルの初☆枕営業 第③話

第①話へ 「おっ、翔くんいいよー。今度は両手で膝を持ち上げるみたいにしてみようか」 「はぁっ、んっ、はぃ……」  一眼レフのシャッターが、舐め回すみたいにオレのいろんなとこ撮ってる。  いっぱいアクションのプレゼンした身体は重た...
タイトルとURLをコピーしました