性対象倒錯(物体) | ドライオーガズム研究部

性対象倒錯(物体)一覧

ラブドールを自宅にお迎えする為の心得

Dollをお迎えする。 一言にドールと言っても幼児の玩具から大人の玩具まで色々ある訳で、幼児用の玩具であれば大型商業施設に行けば1つ数千円で手に入る。完全アダルトなドールは通販がメインだが実はメーカーのショールームも存在する。メーカのホームページでちょこっとショールームを覗く事が出来るが、さすがに...

パンストフェチには必見→興奮度MAXの活用方法!

私は、40代半ばで会社員のバツイチ男性です。思い起こせば中学2年生の頃に、私が試着室を間違えて入りかけた際…中で着替えている大人の女性がパンストを着用する姿を見て以来、パンストに並みならぬ興奮を覚えたのがキッカケでフェチになりました。 よくパンスト好きのイメージで、顔から被ったり破ったりといった...

なんでこんなに興奮するの?女性のパンティラインの魅力とは?

男性が街中で興奮するシチュエーションっていくつもありますよね。 直接的に手をだせばもちろん犯罪になりますが、ただ見ているだけなら過剰な行動さえしなければ全然OKです! その中で、興奮するシチュエーションとして、パンティラインがあります。 ピチッとしたボトムスを履いていて、そこにパンティラインが...

AV女優とエッチな事をしてきた

どうも、もみじです。 今回はAV女優とエッチな体験をしてきた時の事を書こうと思う。 別記事で執筆した『AV女優とエッチな事をする方法(風俗編)』を実践したのである。風俗嬢として勤務しているAV女優をデリヘルで呼んでみた。 今回呼んだのは某ロリっ子女優だ。ネットで色々と情報を集め...

制服の中にあるあの欲望って何かな・・・と妄想する

セーラー服やブレザーなどの女子高生がたまらなく好き、という人は多いですよね。 でも、それがどうしてそこまで好きなのか・・・。 そのあたりを改めて考えてみると、妄想が頭の中を駆け巡ります。そんな妄想、きっとあなたも持っているはず。そのあたりを一緒に妄想しませんか。 純白のワイシャツのシワ 女子...

AV女優とエッチする方法(風俗編)

どうも、もみじです。 今回は前回の記事『AV女優とエッチする方法(男優編)』の続きとして執筆しています。今回の記事を読んだ後でも読める内容になっているので良かったら確認してみてくださいね。 前回AV女優とエッチな事をするにはAV男優になれば良いと書きました。しかし、実際のAV男優の仕...

セーラー服の中身にはさわれないけど自分がセーラー服の中身になってみた

セーラー服が大好きです。 いえ……本当は、その中身の方がもっと好きです。 でもそれにはもう簡単に手を出せない時代になってしまいました。 お金を払ったらもちろん違法。 お金を払わなくてもインコーっていう罪になっちゃいます。 つらいです。 手を出せないと、もっと欲しくなります。 ...

AV女優とエッチする方法(AV男優編)

どうも、もみじです。 今回は男性であれば誰もが一度は夢見た『AV女優とエッチな事をする方法』について書いていきたいと思う。因みに僕は一度どころか百度は思った事があるぞ( *´艸`)ある意味誰もが持っているフェチ部分だと思うんだよねAV女優とエッチな事したいって! さて、そんなAV女優とエ...

【下着フェチの神髄】スケスケ、穴あき、フリフリ、原色…。勝負下着にはできない日常のエロとは?

下着が好きだ。 あ、はじめまして。ペンギンです。 年齢不詳、性別不詳(内容見ればバレるだろうけど)、現役コピーライターです。 ふだんはクライアント様の顔色をうかがいながら書いているので、 ここでは好きなことを思い切り書かせてもらいますっ!よろしくお願いします。 さてと。 もう一度いい...

超美麗ラブドール風俗! お人形相手に色々エロい事した思い出~その1~

変態のみなさま、ごきげんよう。コロ太です。 現在ではめっきり少なくなってしまいましたが、10年ほど前まではラブドールとセックスができる風俗店がたくさんありました。 かつて「ダッチワイフ」と呼ばれた彼女たちは、いまや超絶進化を遂げて美しくもエロエロしい「ラブドール」となったのです。 一体60万円...

ラブドールとアガルマトフィリアの世界

アガルマトフィリアとピグマリオリズム アガルマトフィリアと言う嗜好を御存知だろうか。ピグマリオリズム・ピグマリオンコンプレックスと言われる事もある。  アガルマトフィリアは人形性愛で、ピグマリオリズムとは彫像愛なので当事者としては別物と考えられたい。 ピグマリオリズムの語源はギリシャ神話に...

パンティ巻き付けオナニーで感度良好&精液増幅Life

こんにちは、ヤスです。 自他共に認める、終身名誉オナ二ストである私が、普段のオナニーライフにひと手間加えるだけで、刺激を増幅させるパンコキ処世術について解説します。 ちなみにパンティの素晴らしさに目覚めたのは、小学生の時に母親の花柄パンティでギンギンになった事が始まりで、筋金入りの変...