性対象倒錯(年齢)

少年性愛(フィクション)

メイドに尿道責めされた少年 第⑤話

第①話へ 激しく射精した後も、メイドは尿道カテーテルを使ったプレイをやめてくれなかった。 「だって勇気くん、こういう事は今日で最後にするんでしょう?じゃあ、最後にいっぱい楽しませて下さいね。ほら、おチンチンを変にしてあげる…」 ペニス...
少年性愛(フィクション)

メイドに尿道責めされた少年 第④話

第①話へ 夜になり、またメイドが勇気の部屋にやってきた。勇気の体は完全にメイドに懐柔されていた。今日もメイドに触られたら、心でどんなに抵抗しても、体はメイドの思うままになってしまう。自分の身体は自分の意志ではなく、メイドの思うがままにコン...
少年性愛(フィクション)

メイドに尿道責めされた少年 第③話

第①話へ あの日から、少年とメイドの淫靡な関係が始まった。少年は、きれいで大人の色気あるメイドに恋をしていたし、ましてあんな体験をした後では、彼女を見るだけで体が反応してしまうほどになっていた。 しかし少年は、本当の気持ちとは反対の態度...
少年性愛(フィクション)

メイドに尿道責めされた少年 第②話

第①話へ 「さ、沙耶さん、やめてください、恥ずかしいです…あっ…あああっ!」 「大丈夫ですよ坊ちゃん、ふたりだけですから恥ずかしくないですからね。フフ…ウフフ…ほおら、こんなになっちゃって…」 沙耶は強く握らずに、親指と薬指だけで少年...
少年性愛(フィクション)

メイドに尿道責めされた少年 第①話

新しく来たメイド 母がなくなってからずっと家で世話をしてくれていたメイドが高齢になり、新しい人が家に来ることになった。出張の多い仕事人間が父なので、中学生の勇気にとっては、ふたりきりになる事が多いメイドとの人間関係は重要だ。いじわるな人だ...
少年性愛(フィクション)

処女探偵アリサのセックスシンドローム 第⑨話

第①話へ  誰もいない部屋でアリサは手鏡で股間を覗き込んだ。惑う事なき処女まんこがそこにあった。  指でこすって匂いを嗅ぐ。まんこティッシュの効果なのか、かつてのような鼻がひん曲がる匂いはそこにはなかった。  ケツ毛ジャングルもシリク...
少年性愛(フィクション)

処女探偵アリサのセックスシンドローム 第⑧話

第①話へ  アリサの目の前には新堂露夢がいた。  工場奥。会議室を遥かに超えた向こうにその部屋があった。  そこには、コンドーム工場とは似つかわしくない実験機器が溢れていた。 「僕はここで生まれたんだ。今では廃棄されているけどね。コ...
[小説]短編

少女趣味ストーカー男の変態レイプ 第③話

第①話へ 放心状態のアイを傍らに、私はばっちりそのなまめかしい肢体を写真に収めた。 パシャリ・・ アナルからはいまだぶひゅひゅっと液状の汚物が流れ出でおり、彼女の秘部は様々な体液で異臭を放っていた。あらかた下痢状の汚物も出し切ったとこ...
[小説]短編

少女趣味ストーカー男の変態レイプ 第②話

第①話へ 私の精液と唾液まみれのアイの純潔パンティを、ポストに投函した後も私の存在を示そうと、様々なものをアイへ送り続けた。送りつけたものは精液のついたティッシュ、陰毛など多岐にわたる。ストーカーまがいのことをしている自覚はあったものの、...
[小説]短編

少女趣味ストーカー男の変態レイプ 第①話

私は小林という40代、普段は中小企業に勤める一般的なサラリーマンである。会社では部長というポストについており、真面目で職場では仕事人間として知られている。30代前半にお見合い結婚をし、美人の妻と1人の小学生の子供もおりそれなりに家庭も円満で...
[小説]1話完結

高校生を電マで快楽地獄に調教

私は普段は商社に勤める勤勉な50代いわゆる中年の男だ。名前も山田と言っていたって凡庸、会社での地位も中堅でしかもこの歳になって独身を貫く普通のサラリーマンである。今まで結婚に縁がなかったわけではないが、私が独身を貫くことには理由がある。それ...
少年性愛(フィクション)

木陰に誘いこまれてショタ調教された少年 第⑤話

第①話へ 「やだ、可愛い、中で出しちゃったの?そんなに気持ちよかった?縛られて童貞喪失しちゃったんだ、いやらしい子…」 「お姉さん、坊やの事気にいっちゃった。僕もお姉さんのこと好き?」 そう言われている間もひろしのペニスは女に咥えられ...
少年性愛(フィクション)

木陰に誘いこまれてショタ調教された少年 第④話

第①話へ 「あっ、ダ、ダメです、ああっ!」 自分の股間をゆっくりと踏みつけてられたひろしは、抵抗した。 しかし、意地悪な笑みを浮かべた女は、必死に腰を引こうとするひろしの腰を抱き寄せ、さらに体重をかけた。 「ほらひろし、自分が何をさ...
少年性愛(フィクション)

木陰に誘いこまれてショタ調教された少年 第③話

第①話へ 「これ、どういう写真か分かる?お外で、女の足元にひざまずいて射精しているみじめな男の子の写真よ。ウフフ、アヘ顔までさらしちゃって…」 「ボクはね、この恥かしい写真で脅されて、これからずっとお姉さんにいやらしい事を強要されるの。...
少年性愛(フィクション)

木陰に誘いこまれてショタ調教された少年 第②話

第①話へ 「フフフ…かわいい、こんなにいっぱい出しちゃって。公園でこんな事して恥ずかしくないの?ボク」 「自分でするより気持ちいいでしょ。はじめてだったのね、もう一回してあげようか、ほら、ほらあ…」 「お姉さんも気持ちいいわよ、ほら、...
少年性愛(フィクション)

木陰に誘いこまれてショタ調教された少年 第①話

「フフ、気持ちよくなっちゃった?こんなに大きくしちゃって…」 「ほら、お姉さんに見せてごらん。恥ずかしがりながら、いやらしいの飛ばしちゃうところ見せて」 「やあだ、本当に飛ばして…こんな所で恥ずかしくないの坊や、ウフフ…。」 草むらに...
少年性愛(フィクション)

逆痴漢でショタを調教するのが趣味 第③話

第①話へ 「あッ!」 自分の最奥に届く、少年の局部。子宮をこじ開けられるような感覚に、私の頭の中が徐々に白く染まっていく。 少年を押し倒し、舌を絡ませながら激しくぶつかる腰と腰。肉同士のぶつかる音が、私の快感をより刺激する。 「お姉...
少年性愛(フィクション)

逆痴漢でショタを調教するのが趣味 第②話

第①話へ 退社が待ち遠しくて仕方ない。今朝のことがあってから、私の体は疼きっぱなしだった。 「次の方、どうぞ」 マッサージルームの中から声をかける。個室の中に入ってきたのは、高校生くらいの男子生徒だった。 どくん、と高鳴る胸。下半身...
タイトルとURLをコピーしました