脚部性愛

被虐性愛

美女の足裏を眺めながら飯を美味しく食うのが好き

食事中に美女の足の裏を眺めるのが好きです。 まず、焼き肉屋や鍋物などのお店に入って席を取ります。 その際に、座席などに座っている敷居越しで美女の足の裏を眺められそうな席に座ります。 座席などでは女子は素足になります...
制服性愛

パンツスーツの尻が好き!隠したつもりが余計にエロい~妄想フェチ劇場~

変態のみなさま、ごきげんよう。コロ太です。 「頭隠して尻隠さず」 「お尻を出した子一等賞」 等々、エロい格言をご存知のことかと思います。 世の中には隠したつもりでもかえっていやらしい、というものが結構ありまして、 「パンツスー...
被虐性愛

美女空手家の汚れた足裏が好きでたまらない

美女空手家の足の裏や生足が好きでたまりません。 足の裏が汚れているのもナイスです。(笑) とっても強くて可愛くて空手着を着ている女の子に萌え~です。(笑) 空手をやっている時代には不思議と萌えなかったのです。 ...
[小説]短編

幼馴染は変態姉弟!巨根童貞の受難 第①話

 なんでこんなことになったんだろう・・・・  1時間ほど前の自分の選択を、隼人は呪わずにはいられなかった。 「あれ?お前今帰り?」  聞き覚えのある声に、隼人は足を止めて振り返った。およそ20メートル先の、幹線道路と住宅街を走る生活道...
少年性愛(フィクション)

木陰に誘いこまれてショタ調教された少年 第⑤話

第①話へ 「やだ、可愛い、中で出しちゃったの?そんなに気持ちよかった?縛られて童貞喪失しちゃったんだ、いやらしい子…」 「お姉さん、坊やの事気にいっちゃった。僕もお姉さんのこと好き?」 そう言われている間もひろしのペニスは女に咥えられ...
少年性愛(フィクション)

木陰に誘いこまれてショタ調教された少年 第③話

第①話へ 「これ、どういう写真か分かる?お外で、女の足元にひざまずいて射精しているみじめな男の子の写真よ。ウフフ、アヘ顔までさらしちゃって…」 「ボクはね、この恥かしい写真で脅されて、これからずっとお姉さんにいやらしい事を強要されるの。...
[小説]1話完結

足フェチな俺が彼女に股間責めされる話

「玲奈(れな)ちゃん……」  真正面から見据えながら、俺は愛しの彼女の名前を呼んだ。 「雅治(まさはる)くん……」  俺の名をそっと呟くと、玲奈は潤んだ瞳をゆっくりと閉じる。 「…………」  両目を閉じた玲奈。その口元が物欲しそう...
被虐性愛

低学歴で貧乏な場末の売春婦のような女が好き!

普通は高学歴なお嬢さんを落としたいと思うはずですが、私の場合は場末の売春婦のような女が好きです。 タトゥーを胸や足などに数か所入れていて、ヘビースモーカーで、テキーラを一気飲みしたり、葉っぱをやっているような自分の住む世界とは違う...
[小説]短編

五反田夜話 美脚の晩餐 第②話

第①話へ 「ああ…エリ、君は素晴らしい…素晴らしいよ」  すべてを美脚に支配されて興奮が高まり、オレの声も思わず大きくなる。それに合わせてエリも荒く官能的な声で応じた。「…私じゃなくて、あなたが好きなのはこの脚なんでしょ!…あなたは変態...
下着性愛

五反田夜話 美脚の晩餐 第①話

 類い希な美脚の持ち主である「エリ」との出会いは、オレの中に眠っていた変態性を大いに呼び覚ました。エリは、五反田の『ミニスカ美脚クイーン』という店で働くデリヘル嬢である。顔は並だが、風俗嬢としては美形の部類に入るかも知れない。165㎝と長身...
脚部性愛

美女格闘家や美女軍人の筋肉、ワイルドさ、汗、唾が好き

美女格闘家や美女軍人のナチュラルな筋肉や汗に美しさを感じます。 筋トレやボディービルのみでつけた筋肉ですとNGです。 もちろん、格闘技や軍人をやる過程でトレーニング+筋トレが必要でつけた筋肉は大歓迎です。 要は、ワ...
[小説]1話完結

美脚に支配された男

 タイトなミニスカートから伸びた彼女の美脚に、オレの視線は釘付けになった。正確には、視線ではなくオレの全神経と言ってもいい。とにかく、あの瞬間から、オレのすべてはその類い希な美脚に支配されたのだ。  彼女の名は「エリ」といった。本名ではな...
脚部性愛

【期間限定】“膝丈スカート”は、春先に映える!

ウィ~ス!昭和の文聖・デイブです。真冬の寒さから、やっと脱してきた今日この頃。街往く人々の装いも軽くなってきました。 私はこの季節になると毎年、膝丈のスカートを穿き出して活動を開始する妙齢女性に、やたらと心が奪われます。 脚部を膝まで適...
脚部性愛

足フェチ、おしりフェチなだけに、セックスのプレィも足舐め派

足フェチ、おしりフェチな私ですが、実は‎足の裏までフェチです。まずは長くてすらっとした足に惹かれます。素足裏まできれいな足を見るとドキドキするほどです。生足がきれいだと、身長も高くすらっとしてきれいに見えますね。また、そこから足の裏まで見た...
被虐性愛

相手の匂いだけで達してしまう…僕が匂いフェチを植えつけられた時の話

こんにちは、のぶひこです。 以前、年上のお姉さんから脚フェチにされ、さらにその深みにはめられた経験のふたつを紹介させていただきました。 でも、お姉さんが僕にした事は、それだけではありませんでした。 お姉さんの男の子好きは、相手を自分の...
被虐性愛

背徳と解放の快楽! マゾプレイ入門に足コキはいかが?

どうも。SとMの間を往復する男、シロンです。 今回はどちらかと言えばマゾヒスティックなプレイについて語りたいと思います。 そのプレイとは、ずばり、足コキ。女性の足でペニスを刺激してもらう行為です。 もともと、女性の足に性的な魅力を感じ...
下着性愛

脚フェチライフへの道程。始まりは小学生の時でした

初めまして。工藤と申します。 私は30代の男性で、普段はみなさんと同じように平凡に仕事をしています。 そんな平凡な人間である私がなぜこのようなサイトでこのような話を書いているのか説明したいと考えています。 まぁ思い浮ぶのは学生の頃にあ...
被虐性愛

僕が年上のお姉さんに脚フェチ調教をされた時の話

あらためまして、のぶひこです。 前回、興味もなかったのに脚フェチになってしまった体験談を書かせて貰いました。 今回は、お姉さんにその脚フェチを進行させられた体験をお話したいと思います。 脚フェチを植えつけられた方法は、快感...
タイトルとURLをコピーしました