巨根性愛

巨根性愛

FuckMe!ボロボロになるまで私を犯す巨根のチュニジア人

今回は、とても優しく情熱的だったチュニジア人とのお話しです。その彼とは1度SEXする関係がスタートすると、その激しさは日本人とは比べ物にならなかったです。 セフレから始まりお付き合いもさせて貰いましたが、体力的な限界で最後は別れることにな...
[小説]短編

巨根だ~いすき!ななみちゃん 第⑧話

第①話へ クソオヤジはあっという間に全裸になった。 すると、私の目は彼の股間に釘付けになった!まさか!クソオヤジが巨根だったなんて。 もちろん貴矢の30センチの物差しペニスに比べれば劣るが、それでも25センチはありそうである。これで貫...
[小説]短編

巨根だ~いすき!ななみちゃん 第⑦話

第①話へ 神様はこの世にいるんだ!って私は思った。というのは、これまで普通のペニスで気持ちよくなっていればいいと思っていたのに、巨根で気持ちよくなることが素晴らしい!ということに気づけたからだ。神様、ありがとう!と天に向かってキスを送った...
[小説]短編

巨根だ~いすき!ななみちゃん 第⑥話

第①話へ 初めて巨根でイッた日から1週間。私は毎日、貴矢に犯されていた。勃起すると30センチはあろうかという、小学校の物差しのように巨大なペニス。これに亀頭が入っただけでも私は感じるくらいになっていた。巨根ってこんなに気持ちいいのか。 ...
[小説]短編

巨根だ~いすき!ななみちゃん 第⑤話

第①話へ 「んひっ、んひぃぃっ!や、やぶれちゃう…お、お○んこやぶれちゃうよぉ〜!」 「オラッオラッ!気持ちいいだろっ!ななみっ!オラッ」 「痛い!痛いっ!し…死ぬっ!死ぬぅ〜!」 「じゃあ死ねっ!ななみ!死ねよ!オラッ。俺のちんぽ...
[小説]短編

巨根だ~いすき!ななみちゃん 第④話

第①話へ 私は一週間ぶりに貴矢に会った。大学の近くの喫茶店である。客の全員がタバコをぷかぷか吸って、コーヒーをすすっている。中年の女性客がゲラゲラ笑って芸能人の話題で盛り上がっていた。男性客は男性客で、五反田の風俗の何々店のあの娘がかわい...
[小説]短編

巨根だ~いすき!ななみちゃん 第③話

第①話へ 私は家に引きこもっていた。ものも食べずに寝室にいた。 貴矢に会いたくなかった。 なんで貴矢があんなに酷いことをするのか、分からなかったからだ。貴矢とセックスする度に私の膣はヒリヒリしていた。膣の周りには血の塊が付いている。貴...
[小説]短編

巨根だ~いすき!ななみちゃん 第②話

第①話へ 大学の学食で貴矢と会った。 今日は一緒に授業に出る約束をしていたが、この間の「痛すぎるセックス」が思い出されて、私は彼と会いたくなくて授業をすっぽかした。 あの後も貴矢は巨大なペニスを無理やり私にねじ込んで、「大丈夫。我慢す...
[小説]短編

巨根だ~いすき!ななみちゃん 第①話

「ななみっ!ななみっ!」 「ああっ!貴矢っ!」 「好きだよ!ななみ、好きだよ」 「た…貴矢っ!いっ、痛い…痛いよっ!」 「大好きだよ」 「貴矢!抜いてよぉ!」 「もう少しで気持ち良くなるよ。我慢だ」 「んひいぃっ!!」 痛か...
[小説]短編

幼馴染は変態姉弟!巨根童貞の受難 第③話

第①話へ 「待てよ!離せって!貴也・・・・!」  掴まれた腕が痛い。隼人はぐちゃぐちゃに混乱したままの頭を精一杯振り絞って、幼馴染の横顔を見つめ、考えた。怒っている。ものすごく不機嫌な時の顔だ。どうすればいい?  隼人の腕を掴んだまま...
[小説]短編

幼馴染は変態姉弟!巨根童貞の受難 第②話

第①話へ  甘ったるい匂いがする。美也子の髪から、身体から、いや、ほの暗い部屋全体から漂ってくる、鼻先が胸が、苦しくなるような甘い匂い。 「ふふ、やっぱり。からだに相応しい大きさね。色がきれいなのもイイわね。もうすぐにでもグローい色にな...
巨根性愛

日々のトレーニングで男をUP Bigなナニを手に入れろ

質問。「勃起しないが射精できる」のと「勃起するけど射精しない」のどっちがいい? 皆様、こんばんはムスコはお元気ですか?私は元気です。とはいえ40を過ぎた辺りから 日々の硬度も回数も落ちてきた。まぁ回数や射精する精液量が減ってくるのは睾...
タイトルとURLをコピーしました