ken

被虐性愛

美女の足裏を眺めながら飯を美味しく食うのが好き

食事中に美女の足の裏を眺めるのが好きです。 まず、焼き肉屋や鍋物などのお店に入って席を取ります。 その際に、座席などに座っている敷居越しで美女の足の裏を眺められそうな席に座ります。 座席などでは女子は素足になります...
被虐性愛

ザーメンを100発以上飲める女性が大好き

ザーメンを100発以上飲める女が好きです。 本音を言うと大量のザーメンを飲んだ女性と結婚や交際をしたいと思っています。 と、言うかあまり他人のザーメンを飲んだことが無い女性に興味が湧かないのです。 最近は、少なくな...
被虐性愛

美女空手家の汚れた足裏が好きでたまらない

美女空手家の足の裏や生足が好きでたまりません。 足の裏が汚れているのもナイスです。(笑) とっても強くて可愛くて空手着を着ている女の子に萌え~です。(笑) 空手をやっている時代には不思議と萌えなかったのです。 ...
制服性愛

空手着や柔道着を着ない女とはエッチ出来ない!

私は空手着や柔道着を着てもらわないとエッチ出来ないくらいに格闘美女にハマっていました。 空手着や柔道着とは限りませんが、オープンフィンガーグローブやスパッツなど女子格闘家系の服装を着てもらわないとセックスする意味が無いと言...
被虐性愛

低学歴で貧乏な場末の売春婦のような女が好き!

普通は高学歴なお嬢さんを落としたいと思うはずですが、私の場合は場末の売春婦のような女が好きです。 タトゥーを胸や足などに数か所入れていて、ヘビースモーカーで、テキーラを一気飲みしたり、葉っぱをやっているような自分の住む世界とは違う...
被虐性愛

筋肉質な美女格闘家に騎乗位でボコボコに殴られながらイキたい!

私は美女格闘家や美女軍人に騎乗位で乗ってもらってマウントパンチを喰らって失神しそうになりながら下から突いてイクと言うのがたまらなく好きです。 あの気持ち良さは一度味わってみないとわからないでしょう。 ですが、事故が起きる...
[小説]短編

童貞をボコボコにする筋肉質なソープ嬢 第③話

第①話へ シンイチは、大学を卒業して、外資系企業に就職した。 良くわからないが、新種のプロテインを作る会社だそうだ。 有名大学を卒業していたシンイチは瞬く間に出世した。 そして、なんと支社の社長にかなりの若さで昇進した。 沢山の女...
[小説]短編

童貞をボコボコにする筋肉質なソープ嬢 第②話

第①話へ シンイチは、筋肉質なソープ嬢にボコボコにされてしまった。 シンイチは有名大学に通う学生でレイコに騎乗位でボコボコにされながら、童貞を奪われてしまったのだ。 それ以来、レイコに通い詰めることになった。 レイコは地下格闘技をや...
[小説]短編

童貞をボコボコにする筋肉質なソープ嬢 第①話

レイコは元ヤンキーで現在は地下格闘技の格闘家だ。 地下格闘技だけでは生活をしていけないので、ソープ嬢を兼業にしていた。 西洋人との混血なので身長が高く170cmほどで筋肉質で色白であった。 普通はソープ嬢と言うのはマットに寝かせて受身...
脚部性愛

美女格闘家や美女軍人の筋肉、ワイルドさ、汗、唾が好き

美女格闘家や美女軍人のナチュラルな筋肉や汗に美しさを感じます。 筋トレやボディービルのみでつけた筋肉ですとNGです。 もちろん、格闘技や軍人をやる過程でトレーニング+筋トレが必要でつけた筋肉は大歓迎です。 要は、ワ...
被虐性愛

筋肉質な美女格闘家に正常位で下からボコボコに殴られたい!

美女格闘家や美女軍人に下から正常位で殴られるのが好きです。 女性が下から足を強くクロスしてロックする状態でボコボコに男性を殴ったりします。 要は、男性が逃れられない状況でコントロールしながら、殴るのです。 女性が下からコン...
[小説]1話完結

筋肉質な美女格闘家の男汁大量ゴックン!

レイコはルール無しの地下格闘技の美女格闘家であった。 外国人の血が混じっていて、西洋人風の白い肌と筋肉質な体がトレーニングにより褐色に焼けていて、とても美しかった。 表には無い裏の格闘技の過激なルールを好んでいた。 地下の...
被虐性愛

美女格闘家や美女軍人にボコボコにされたい

私は美女格闘家や美女軍人が滅茶苦茶好きです。 あのボーイッシュな筋肉や性格が凄く好きなのです。 『胸きゅん』となります(笑) 女性が中性顔の男性に憧れるように・・・私はボーイッシュな女に憧れます。 アスリート系の...
被虐性愛

他の男の精子をごっくんしてくれる彼女が好き

ごっくんする女が好きな男性は多いと思います。 しかし、私の場合はちょっと特殊です。 他人の精子を飲む女が好きなんです。 愛する女性に、キモオタの色が濃くてマズイ精子を嫌々ながら飲んでもらうのも興奮します。 また、逆にイケメン...
被虐性愛

美女の生足を舐めるために世界中を旅した話

私が洋画のように美しい美女の生足を舐めるためにヨーロッパやその他の国々にまで行った経験を書きます。 私は、昔から、生足が好きすぎて堪らない足フェチ男です。 足フェチと知られた瞬間に女性との関係が終わるので、隠しながら、隠れ足フェ...
タイトルとURLをコピーしました