もよこ

異物肛虐愛

桜色花師の尻奴隷 第③話

第①話へ  桜子の作業部屋に通うようになってから、どれほどの時間が経ったのだろう。  俺は以前と変わらず大学には毎日通っているし、同期との付き合いを蔑ろにしているわけでもない。  だが俺の生活で確実に変わったことがただひとつある。体に...
[小説]短編

桜色花師の尻奴隷 第②話

第①話へ  俺が桜子の家の離れにある「作業部屋」に出入りするようになってから2カ月が経過した。  桜子が約束した「給与」はたしかに十分過ぎるほどの額で、彼女のおかげで大学を卒業するまでは生活に困らないようになった。それはとてもありがたい...
異物肛虐愛

桜色花師の尻奴隷 第①話

 ――じょりっ、じょりりっ。  俺の下腹部に旧い型の日本剃刀が宛がわれ、泡に包まれた黒々とした茂みを剃り落としていく。  剃刀を握っているのは和服を纏った、まだ幼さの残る顔立ちの女子大生「祁答院桜子」だ。真っ黒なロングヘアが似合う、可愛...
[小説]1話完結

ママがくれたオンナノコなボク

 ――ちゅっ、ちゅっ、ちゅぱっ。  白くて豊満なバストが吸われるたびに小さく揺れる。  俺は文香さん――いや、この場では「ママ」の「おっぱい」を支えるように触れ、時折優しく愛撫した。  ママはそんな俺の頭を抱きかかえるようにして撫でてく...
タイトルとURLをコピーしました