ナゾマ

[小説]短編

令嬢メイド-特別指導- 第③話

第①話へ 両手首を手枷で繋がれ、綾音はソファに座っていた。 「もう二度とヘマしません。だから、これを取って下さい!」 手枷を見せ、自分を見下ろして立っている牧村に懇願した。 「それはあなたの態度次第よ、飯塚さん」 とりあわない牧村...
[小説]短編

令嬢メイド-特別指導- 第②話

第①話へ 「飯塚さん、早く入りなさい」 牧村が有無言わさない口調で睨みつけてくる。 「……」 入る意志はあるのだが、足が動かない。 迫りくる危険を察知して、身体が中へ入らせようとしないのだ。 「あなた、いつまでもお嬢様気分が抜け...
[小説]短編

令嬢メイド-特別指導- 第①話

「何してるの、早く拾いなさい!」 その言葉で、飯塚綾音(いいづかあやね)は我に返った。 テーブルの席に連なっている人逹が、不愉快そうな表情をこちらに向けている。 「…も、申し訳ありません。すぐに片付けます」 慌てて頭を下げ、綾音は屈...
[小説]1話完結

聖カトリーヌ女学院懲罰室 シスター候補生礼菜

……静寂に包まれると、ドアが開いた。 その音に畑中礼菜(はたなかれいな)は震え上がった。 中から白い修道服を身にまとったシスターが顔を覗かせる。 聖カトリーヌ女学院のシスター指導長のシスター由香里だった。 年齢は27歳。歴代のシスタ...
タイトルとURLをコピーしました