逆痴漢でショタを調教するのが趣味 第③話

この物語はフィクションです。登場する人物、団体名等、名称は実在のものとは一切関係ありません

第①話へ

「あッ!」

自分の最奥に届く、少年の局部。子宮をこじ開けられるような感覚に、私の頭の中が徐々に白く染まっていく。
少年を押し倒し、舌を絡ませながら激しくぶつかる腰と腰。肉同士のぶつかる音が、私の快感をより刺激する。

「お姉さ……!出そうっ……!」

私の腰を掴みながら、激しく腰を打ち付ける少年。ぱんぱんと響く音が、とても大きい。
私は少年の首に手を回し、受け入れる準備を整えた。

少年の動きが一瞬弱まった瞬間、自分の中に放たれるあついモノ。私は思い切り背中を仰け反らせて、快感の余韻に浸っていた。

「お姉さん……」

少年の目が、情欲に燃える。
ローションがたっぷり含んだお互いの衣類を見て、また欲情する私。

少年は私の首元に噛み付くと、ローションに濡れた白衣の上から胸を揉みしだいた。
首筋から鎖骨へゆっくりと舌を這わせ、私の乳首をいじる。さっきの余韻が冷めきっていない私にとって、それは自我を喪失するほどの強い快感に思えた。

「媚薬入りローション、すごいですね」

少年はそう言いながらボトルを取り、手のひらいっぱいにローションを注ぐ。
私の乳首と、私の中に媚薬入りローションを塗った。

「だめ……っ!」

乳首や中に触れられるだけで、めまいを起こしそうになる。
キスしようとしても、顔を背けて防ぐ少年。

少年は私の顔を見ながら、乳首に舌を這わせ、中にゆっくりと指を入れる。
衣類の上でも感じる少年の舌。ぷっくりと主張する乳首を堪能しながら、少年の指が中で何度も動いた。

第一関節を曲げて、中でゆっくり動く指。もっとして欲しくて腰を振った。その瞬間、良いところに当たり思わず仰け反る。
ゆっくり指を抜き差しするせいか、ぐちゃぐちゃと水音がはっきりと聞こえた。

ある程度慣らしたところで、少年の太くてかたいモノがまた中へ入れられる。
ローションで濡れた衣服が、皮膚を擦れるだけで感じてしまう今。私は少年の首にしがみつき、腰を振った。

がくがくと揺れる四肢や胸。少年は私の胸を揉みしだきながら、舌を絡ませてキスをした。
様々な音と匂いが立ち込める個室。少年のモノが出入りするたび、内臓まで持っていかれそうな気持ちになる。

少年は私の腰を持つと、ラストスパートをかける。ぱんぱんと、激しくぶつかる音。私の中で混ざり合う体液と媚薬入りローション。
少年の力が弱まった瞬間、たっぷりと中に注がれた。

抜く時でさえ、ぴくぴくと体が反応する。少年のモノが全て抜けた瞬間、太ももを伝ってゆっくりと潮が流れた。中からは、注がれたばかりの聖液がぼたぼたと落ちていく。
脱力した私をちらりと見た少年。少年は私の前に立つ。不思議に思っていると、まだ大きく張っている自分のモノを私の口の中に入れた。

私の後頭部を掴むと、喉奥まで入れながら腰を振る。ローションのせいで、少年の身につけている下着は透けていた。
ぐじゃぐじゃと、音がすぐ近くで響く。少年は激しく抜き差しすると、今度は私の中にたっぷり出した。

「……見せてください」

顎をつかまれ、そう言った少年。私はゆっくり口を開けると、まだ飲み込んでいない精液を少年に見せた。
少年は満足そうに微笑むと、飲むように促す。私は、ごくんと小さく音を立てて飲み込んだ。

「たくさんのサービス、ありがとうございます。また今度来ますね」

少年はそう言うと、バスローブを手に取り個室を出る。自分の後ろにある時計に目を向ければ、ちょうどマッサージ終了時間だった。

退社後。体の疼きが癒えることなく乗る電車。
帰宅ラッシュより遅い時間帯のおかげか、車内はあまり混んでいなかった。

今日は久々に楽しいことばかりだったな。

そんなことを思いながら、目の前を流れる夜の街へ目を向ける。
乗り換え駅としても利用される大きな駅に着くと、ほとんどの人が降りてしまった。

その時、不意に手を引かれた私。転がるように、電車内備え付けのお手洗いに引きずり込まれた。

「いった……」

私の手首を強く掴む人。顔を上げれば、今朝電車で会った少年が目の前にいる。

「お姉さん……!お姉さん……」

そう言いながら、私を強く抱きしめる少年。まるで発情した犬のように、息を荒げて私を抱きしめたり匂いを嗅いだりしている。

「俺、今朝のことが忘れられなくて……」

そう言いながら、視線を下に持っていく少年。私も、少年の視線の先へ目を向けた。
もっこりと膨れ上がっている制服のズボン。そっと手を這わせれば、びくびくと少年の肩が震える。

目をつむって、惚けた顔で私の顔を見る少年。うっとりとする目に吸い寄せられるかのように、私は少年の唇へキスをした。
少年は、私の口の中に舌を入れる。慣れていないのか、一生懸命な少年にきゅんとした。

少年のズボンを下げ、パンツの上から少年の局部に触れる。大きく膨れ上がった少年の局部に、軽くキスをした。
局部を直に触ろうとした瞬間、車内アナウンスが流れる。

「次は--」

駅員が、もう少しで到着する駅名を告げる。私は、手を止めて少年の顔を見上げた。

「ごめんね?もう帰らなくちゃ」

私はズボンをあげると、少年の身なりを整える。トイレを出ようとした時、後ろからまた手首を掴まれる。

「明日の朝、兄と一緒に同じ車両に乗ります。今朝と同じ時間に…」

私が振り向くより先に、矢継ぎ早に言い放つ少年。そして、私の手首から自分の手を離した。

兄?と首を傾げながら、トイレを出る私。

「あ、すみません」

トイレを出た瞬間、誰かにぶつかってしまった。顔を上げれば、目の前にはさっきマッサージを施した高校生くらいの少年が立っている。

「……さっきぶりですね。マッサージのお姉さん」

少年は私に微笑むと、後ろに目を向ける。

「あ、兄ちゃん!早く帰ろ!」

私の後ろにいた少年の兄は、マッサージをした少年だった。
きゅん、と疼く私の下腹部。仲良くホームを歩いて帰る少年二人を横目に、私は明日のことを考えていた。


管理人厳選!M男さん向けおすすめ動画

記事を共有する