低学歴で貧乏な場末の売春婦のような女が好き!

普通は高学歴なお嬢さんを落としたいと思うはずですが、私の場合は場末の売春婦のような女が好きです。

タトゥーを胸や足などに数か所入れていて、ヘビースモーカーで、テキーラを一気飲みしたり、葉っぱをやっているような自分の住む世界とは違う女性に憧れました。

彼女らは女性的と言うより豪快で男性的なんですよね。

職業も肉体労働や夜の商売を経験していますからね。

昔から低学歴な世界に憧れがありました。

ラップなどの音楽を聞いて、スラム街とはどんな世界だろう・・・

と中流がヒップホップに憧れるような感じだったのかも知れません。

特に、学歴が無いような女性が好きでした。

タバコを吸ったりして、唾をそこらに吐き散らすヤンキー女の男っぽさに心を奪われました。

学歴が無い女性が好きになった理由

私の場合は、実は中流から上流くらいの環境で育ちました。

周りを見渡すと、ピアノを弾いていそうなお嬢さんばかりがいて、基本的に有名大学に行きます。

そんな環境から抜け出したい・・・抜けださせて欲しい・・・

そういう思いから女の子がワイルドな男に憧れるように、ワイルドな低学歴な女性に憧れるようになりました。

学歴が無い女性の場合、15歳くらいで筋肉を使う肉体労働などに従事するので、男性的になります。

タバコを吸って淡や唾を男のように吐くワイルドで筋肉質な女性も多かったです。

「カ~ッ!ぺッ!」など肉体労働の休憩中にタバコを吸いながらやっている女性を見て

「ああ・・・かけられたい・・・」

「飲みたい・・・」

そして、ワイルドな女たちは、プライベートでは足もサンダルを履いて不潔な感じも多いです。

「汚い足で踏みつけられたい・・・」

と思うようになりました。

女性の場合、家庭環境で学歴が決まりやすいのです。

一般的な話ですが、基本的に家庭環境が裕福な家庭でない場合、女性はやはり低学歴になりやすいです。

男性よりも女性の方が家庭環境に学歴が左右されやすいようです。

昔、ある論文で見ましたが、男性はなんとしてでも成り上がろうと思って、家庭環境が悪くても学歴を苦学してでも積みます。

しかしながら、女性の場合は家庭環境が悪い場合、そのまま影響されやすいらしいです。

しかも、女性の場合、周りの友人などの環境から抜け出ようとするよりも同調してしまう傾向にあるようですl。

そして、クラブに出入りしたり、タバコや酒をやったりして、初体験を早い段階で済ませて、豪快な性格の女にもなりやすいです。

そういう女性の方が、Sぽいので見ていて憧れました。

初体験も早くて、かなり早めにヤッてる場合も多いので、積極的なんですよね。

路上に出て、「いくら?」とか交渉しているような感じの雰囲気だと萌えます。(笑)

※実際にヤると犯罪なので、単に、ヤっているような雰囲気やファッションだとナイスと言う意味です。(笑)

「あん・・・!あたしを滅茶苦茶にして・・・」

みたいにM女がS男に憧れるように、私もワイルドなS女に憧れました。

ワルい女を紹介してもらった日々

私の場合は一応、みんなが大学に行くような環境で中学、高校を過ごしました。

しかし、そういう環境だと、お嬢さんばかりが多いです。

とても、ニッカポッカを着て、路上でタバコを吸って

「カ~ッ!ペッ!」

と言うように、痰や唾を吐くようなヤンキー系美人など皆無でした。

そこで、色々な友人の紹介を使ってヤンキー系の女の子を紹介されましたが、向こうも進学校や中流以上の家庭の男だと拒絶するようで上手く行きませんでした。

その事が益々、低学歴なヤンキー系女を好きにさせます。

敢えて、作ったワイルドさだとNG

たまにいるんですが、高学歴女子が悪ぶって大学に行ってまで単に学校サボるとかではあまり萌えないですね。

裕福な家から通って大学を単にサボっている感じだと萌えません。

「正直、大学に入ってまで何やってんだろう・・・?」

と思います。

「それって悪っぽいじゃなくて、サボってるでは・・・?」

と思います。(笑)

まあ、それでも、そこから場末の売春婦のレベルまで落ちてくれたら、萌えますけど。(笑)

悪っぽいなら、進学校卒でもOK

進学校を出ていても家庭環境が厳し過ぎて、悪っぽくなることもあります。

風俗などに身を落とす場合もあります。

そういう場合は結構萌えますね。

たまに風俗嬢とかで有名大学なのに落ちるところまで落ちている人を見たことがあります。

親が厳しい固いような職業で、反抗して、風俗でゴックンやら過激なプレーをするようになった女の子などは萌えますね。(笑)

日本では場末の売春婦は絶滅危惧種

日本では、低学歴なヤンキー系の風俗嬢でも、話をしていて、こちらの家庭環境や学歴が高いと感じると嫌がられることもありました。

「兄さんてうちらと違って頭良いよね・・・」

と言うように、日本では同調圧力が強いので、かけ離れた環境の男女関係を嫌うのです。

更に、騎乗位になって唾を吐いて欲しい、飲ませて欲しいと言っても日本のソープ嬢は『売春婦』では無く、『泡姫』だと言う名目ですから、そういう下品なプレーは嫌います。

下手すると、キモがられ出禁を喰らいます。

しかも、日本でも昔はヤンキー女などが沢山いましたが、今は絶滅危惧種です。

そうだ!海外へ行こう!と決心

「そうだ!海外へ行こう!」

「海外の場末のバーや酒場なら教育程度が極めて低い女もいるはずだ!」

そう思って日本での生活を捨てて海外に向かいました。

海外では、まさに足し算や引き算も算数も出来ないような教育程度が低い、柄の悪い場末の酒場にいるような綺麗な女性が沢山いました。

海外に行って、タトゥーの入ったような場末の酒場にいるような女に唾を吐いてもらいながら、汚い足で踏みつけられたり、騎乗位でヤられるのは最高でした!


管理人厳選!M男さん向けおすすめ動画

記事を共有する

ken

男尊女卑な日本の地方都市では奴隷のように女性の足を舐めまくったりして変態扱いされていた。

地方では、風俗嬢からも性癖をキモがられて出禁を喰らう。

足フェチがバレて初恋の彼女にフラれる。

そのため海外に自由を求め、日本を脱出し海外を放浪する。

日本での生活を捨てて、海外まで美女の素足を舐めに行ったり、ごっくんをさせにいった兵(つわもの)である。

『浮気するのは嫌いだが、浮気をされるのは興奮する』という『浮気されフェチ』でもある。

アグレッシブな女が好きで、女海賊や女剣士が好きである。

現実世界では、美女軍人や美女格闘家からボコボコにされるのが好きである(ただし、美人に限る)。