自分の結婚パーティーをしたクラブでオーナーとパイパンSEXした話

みなさんはアソコの毛の処理はどうしていますか?
「パイパンに興味はあるけどまだしていない」という方は、すぐにでも処理したほうがいいです!もちろん、男女関係なくです!
私は、パイパン同士のSEXの良さをみなさんに知って欲しいのです。
特に男性の方、髪の毛やヒゲと同じで、下半身の身だしなみもエチケットだと認識したほうがいいです。
最近では日本人でも脱毛する男性が増えてきたようなので、決して恥ずかしいことではありません。
特に男性では、自分の毛の濃さにコンプレックスを持っている方も多いのではないでしょうか。
確かにぱっと見て毛が濃いと不潔に見えるし、引いてしまう女性もいると思います。
なので毛の処理をしっかり行うことで、自分に自信も持てるようになるのです。
更にパイパンにすると、アソコも大きく見えるというメリットがあります。
大きく見えるしなんだか可愛いしで女性ウケもいいんですよね。
そして汗などの蒸れも予防できるので清潔感もありますし、フェラするときにも舐めやすく、奥まで咥えやすいのです。

下半身の毛の処理の仕方

さて処理の仕方はというと、大半の人がシェーバーかブラジリアンワックスを使っているようです。
パイパンにすることに不安があっても、毛はまた生えるので、一度でいいので体験してみてほしいです。
そして私が一番オススメしたいのは、脱毛サロンでの脱毛。
過去にアソコの毛がとてもチクチクしていた男性がいて、そうするとSEXの時にもチクチク刺さっちゃって集中できなかった時があります。
かといってSEXのたびに処理するのも面倒だし、突然のワンナイトラブだってあるかもしれません。
なので脱毛サロンでの処理を一番にオススメしたいです。
今ではメンズ専用の脱毛サロンも数多くあり、そういったサロンへ通う人の多くが下半身の処理をしているようです。
なのでまずは自分で剃ってみて、決心がついたら脱毛サロンでツルツルのアソコを作ってみてください。

パイパン男性にハマったのは結婚がきっかけ

そんな私がパイパンの男性にハマってしまったきっかけになったSEXについてお話ししたいと思います。
私が結婚式の三次会で使った、六本木のクラブのオーナーとのお話しです。
過去、私が結婚式をした時に、三次会でとあるクラブを貸し切ってパーティーをしたことがありました。
その時の段取りなどの話でオーナーとは連絡先を交換し、無事に三次会も終えたのですが、その後も六本木で飲む機会があるとよくお店に顔を出していました。
オーナーは私の10歳ほど年上で、背が高くイケメンで、まだ独身とのことでした。
ある日、いつものようにお店に顔を出すと、その日はお店を閉めていたようで、スタッフは誰もいなくてオーナーだけしかいませんでした。
そこで飲みながら恋愛トークに発展し、色々とお互いにプライベートな話で盛り上がることとなりました。
すると彼は酔っていたのか、「キスするの好き?」と突然聞いてきました。
「え、なんでw嫌いじゃないよw」と答えると、彼は私の肩をぎゅっと抱いてきました。
旦那と結婚パーティーをした場所でそこのオーナーといい感じになっているという現実に妙に興奮して、拒否ることはしませんでした。
彼はおもむろに私にキスをし、私もそのままディープキスでお返しします。
彼はエンジンがかかってしまったようで、私をソファに押し倒すと、「ずっと可愛いと思ってたんだよね」と私のシャツのボタンを外して、キスをしながらおっぱいを愛撫してきました。
私は変に緊張して、でもそのドキドキがたまらなくて、おもわず彼の下半身に手を伸ばしました。
彼のアソコはカチカチで、そのまま服を脱がせあって裸に。
私も酔っていたので我慢できずにすぐに彼にフェラをしようとしたのですが、その時に彼がパイパンなことに気付いたのです。
今までパイパンの男性を見たことがなかったので最初は驚きましたが、よく見るとどんどん可愛く見えてきて、いつもよりゆっくり、ねっとりとしたフェラをしてしまいました。
彼の気持ち良さそうな顔にますます興奮していると、彼が「シックスナインしようよ」とソファに横になりました。
私がそこにまたがって、お互いにアソコを舐め合いました。
自然と腰が動いてしまって恥ずかしいのと、そんなシチュエーションにとても興奮したことをおぼえています。

結婚パーティーをした場所でパイパンSEX

私の腰が動かないように彼は片手で私をロックし、指と舌を使って愛撫され続けると、私は我慢できずに絶頂してしまいました。
ぐったりとして彼に抱きつくと、「入れていい?」と彼。
私は旦那への罪悪感を感じながらも静かに頷くと、大きくなったパイパンのアソコで私に挿入してきました。
初めてのパイパン同士のSEXでしたが、下半身同士がすごく密着するというか、肌の感触がとても気持ちよくて、いつものSEXとは全然違うと思いました。
私の顔を見ながら彼は「やばい、イきそう」と吐息交じりで呟き、どんどん激しく突いてきます。
私も思わず「中に出して!」と言ってしまってそのまま彼は思いきり私の中に放出しました。
まさか旦那の結婚をきっかけに知り合った人と、結婚パーティーをした場所でSEXしてしまうなんて、自分でも驚きです。
だけどパイパン同士のSEXは本当に気持ちよくて、私は彼の虜になってしまいました。
その後しばらくは、お店が休みの日に彼の家に遊びに行きパイパンSEXに夢中になっていた時期がありましたが、やはり罪悪感が強かったのでいつの間にか自然消滅してしまいました。
しかし今でも、パイパンの男性を見つけると私はとても嬉しくなってしまうのです。

記事を共有する