肥満愛-セックスに溺れる巨漢 第③話

この物語はフィクションです。登場する人物、団体名等、名称は実在のものとは一切関係ありません

第①話へ

私はどんな顔をしているのだろう?
アキラは私をこれでもかというくらい責め立ててくる。頭の中は快感を素直に受け入れすぎて、もはや狂ってしまっていた。
何をされても感じさせられるように開発された。アソコもアナルも、おっぱいも全てだ。アキラのちんぽをしゃぶっているだけでも濡れるようになってしまった。
アキラなしではもう生きていけないとさえ思う・・・。
アキラをしゃぶりながら、私の中で暴れ狂うバイブ達が私をさらにおかしくさせる。アキラは時折り、バイブを引き抜いたり、奥に強く差し込んだりしてくる。
その都度絶頂を迎えていた。
「ああああ!また!また!でちゃうううぅぅぅ!!」
今日何回目が数えるのを忘れる程、潮を吹く。いやらしい私の潮はアキラの顔をびしょ濡れにしていた。それでもアキラは私に差し込んであるバイブの操作を止めようとしなかった・・・
「めぐみっ!駄目だ!もう出る!」
そういってアキラのちんぽから熱い精子たちが発射された。アキラは射精する瞬間に、口の中の圧力を少し強めると、快感が増すと教えてくれた。
口から溢れさせてもいいから、射精口を圧迫してめぐみの口の中にぶちまけたいとも言っていた。
アキラの精子たちは私の口に飛び出してくる。まるでゼリーのような、固形物のような濃いザーメンが私に注がれる。飲みこまないようにして、口からアキラの子供たちを手のひらに吐き出す。その精子たちを私のおっぱいに塗り付けるのだ。アキラの精子たちのにおいが私の鼻腔を刺激して、さらに愛液が溢れてくるのが分かった。アキラはアナルとアソコに刺さっていたバイブを抜き、私を仰向けにした。
「めぐみ・・・。愛してる・・・。結婚しよう・・・。」
アキラは私にプロポーズしてくれた!アキラの精子をおっぱいに塗ってそのにおいを嗅いで愛液を垂らしている変態女の私に!
私はアキラを抱きしめた。アキラも私にキスをしてくる。さっきまでアキラの精子が入っていた口のなかにアキラの舌が入ってくる。私の舌とアキラの舌がエロティックに絡み合う。
「いいよ・・・。」
私はキスの合間にプロポーズの返事をした。
「もっと・・・もっとイカせてくれたらね?」
アキラは、微笑みながら私のアソコに指を差し込む。
クリトリスを親指で刺激しながら中指と薬指で私のGスポットをひっかき回すのだ。
「グシュッ、グシュッ」
中で水をかき回すような下品な音が聞こえてくる。もうすぐだ。また私のアソコから大量の噴水が飛び出すのはもうすぐだ・・・。
「ああああ!!だめッ!だめッ!また出ちゃうよおお!」
海外のアダルトビデオ顔負けの大噴射だ。私の頭の中はもうすでに真っ白になっていた・・・。

めぐみはとても大事な女性だ。おもちゃでもあり、最愛の女性でもある。付き合った頃にはイクことさえ知らなかったのに、今では自分から快感を求めるようになっていた。そうなるように調教したのは、他でもない私なのだが・・・。
さっきめぐみにフェラをしてもらったばかりだというのに、私の男根はすでにいきり立っていた。亀頭が赤く膨張している。まだまだこれからだと言わんばかりだった。「めぐみ?欲しい?」私はめぐみの返事も聞かずに男根をめぐみの中に挿し込んだ。「ズブブッ」と愛液と空気が混ざったような音を立てて、私の男根はめぐみのアソコに入っていった。めぐみの中は愛液でびしょびしょだったが、ぜい肉の効果もあってか、温かく、そして締まっていた。極太バイブで責めていたのにもかかわらず・・・。
めぐみはベッドシーツを握り、その迸る快感に耐えていた。
「・・・ッく!はぁはぁ!あああ!」
その我慢している顔がたまらない。私はピストンを深く、そして速くした。激しくすると、めぐみのお腹のぜい肉がブルンブルンと震えて、さらに愛液と汗がまざった体液が体中を覆う。ピストンを弱めて、めぐみの肉布団を体全体で感じることにした。ぬちゃっという音が、めぐみの体液を表していた。汗やよだれ、愛液や潮。その全てがめぐみだった。めぐみにしか出せない体液だった。私はめぐみのからだ中を舌できれいに舐めとる。舌が這うたびにめぐみの体は硬直し、快感に打ち悶えていた。体が硬直するたびに、めぐみのあそこはキュッときつくなり、射意を煽る。
「めぐみ。どうやってフィニッシュしたい?」
めぐみは決まって最後の体位をバックにしたがる。征服されたいのだろう。後ろからめぐみのデカ尻を叩きながら、おっぱいを掴まれて乱暴にされるのが好きなのだ。めぐみは天性のMだった。男根を抜き、四つん這いになるめぐみ。両手でお尻をつかんでアソコを広げて私に差し出す。アソコの肉がひくひくと卑猥な動きをしていた。私は、そばに置いてあった極太バイブをアナルに挿し込んだ。深く、そしてゆっくりと。
「あああ!いい!それ!いっしょに!アキラのちんぽも一緒にぃぃ!」
リクエスト通りにバイブを固定して私の男根を広げられたアソコに挿入する。突くたびに絶頂を迎えているのか、体が硬直と弛緩を繰り返していた。まるで糸の切れかけた操り人形のようだった。
「めぐみ!もうだめだ!」
私はめぐみのアソコの締まりに我慢できず、そのままアソコに精子をぶちまけてしまった。一滴も残さず、私の精子を飲み込んだめぐみのアソコは、閉じたり開いたりを繰り返し、まるで別の生き物のようにうごめいていた。

これからは一生私のものだ・・・。

記事を共有する