ゲイバー・オカマバーの違い!他にも種類がある?どんなところなの? | ドライオーガズム研究部

ゲイバー・オカマバーの違い!他にも種類がある?どんなところなの?

こんばんは、しょうこです。

最近セクマイバーを手伝っていたという友達に話を聞きまして、バイを語りあったりお酒の話をしていたところです。

私は女性なのでゲイバーは行きづらいと思っていたのですが、その友達と話して行くうちに「女性でも入れるゲイバー」というのがあるらしいと生きあたり興味深い世界だなと……

では行ってみましょう、まずは基本的なオカマバーとゲイバーの違いです!

オカマバーとゲイバーの違い

これはエンターテインメイント性の違いとでもいいましょうか。オカマバーは一般の人にも想像しやすい、女装をした男性のママ&店子さん(店員さん)がもてなしてくれるバーです。月曜から夜●かしなんてご覧の方はわかりやすいかもしれません。キャバクラに近いかな?

対してゲイバーは一見普通のバーとなんら変わりがありません。落ち着いた雰囲気のおしゃれなバーといった感じです。ただし大体は店子さん含め全員がゲイです。

ゲイバーをちょっと細かく

ゲイバーには3種類あり、

1.観光型のタイプ

2.ミックスのタイプ

3.ノンケ&女性禁制!のタイプ

1番の観光型。こちらは通称「観光バー」といい、女性も男性もノンケ(異性を好きな人のこと)も歓迎してくれます。観光バーにはオカマバー・後述のミックスバーが含まれることもあります。

かなりオープンに広告を打っているので、あまり気負わずに行けるところが魅力。お店の前に「女性歓迎」などと看板が出ていることも多く、ゲイバーのなかでは一番敷居が低いです。

2番のミックス。こちらは、「男性のバイ」のみ入店できませんので男性はゲイが来ます。悲しいことにノンケは論外ですが、女性のバイやビアンにとってはホームになる可能性アリ。店子さんやママはバイが多く、時たま女性がやっていることもあります。

3番のノンケ&女性禁制。こちらは純粋にゲイのみが集います。性的な出会いをする場所、というのに近い意味合いのハッテン場とごっちゃにすると呆れられます。(笑)

ここは店によってはノンケと女性はチャージが高い場合があるので、お店のHPは要確認です。

ちなみにこういうバーは立地が悪いことが多く、あまり治安のよくない場所にひっそりと構えていることがよくあります。

このサイトを覗かれているのはほぼ男性かと思いますのでよっぽど大丈夫でしょうが、女性が一人で行くなんていう場合はちょっと危ないことがあるので気をつけてくださいね。

一昔前はマイナーだったセクマイの世界ですが、今はそれなりに認知が広がり落ち着きも見せ始めているところです。

90年代には女性がゲイバーに関心を持って足を踏み入れる一種のブームがあったようで、この時期のアニメ界をほんのり知っている私としては邪推をせずにはいられません(笑)

性の差別がただの区別になる日がくるといいな~と思うところであります。

The following two tabs change content below.
しょうこ

しょうこ

アナルオナニー大好きなバイ女子です。うんこも嘔吐もおしっこも、我慢させたいし見守りたい。二次元も大好きなので、自分で絵や文章に起こして勝手に萌えます。人生是うんこ