妊婦に対する性的倒錯を妊婦経験者が説明します | ドライオーガズム研究部

妊婦に対する性的倒錯を妊婦経験者が説明します


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/doraken/public_html/hentai-alliance.com/wp-includes/wp-db.php on line 3091

そのこです

女性の妊娠・母乳というのはとても限定的なものです。

妊婦・母乳の風俗店があるのはご存じでしょうか。実は私、限定的ですが仕事をしたことがあります。
妊婦・母乳の風俗があるように、やはり需要があるもの。
母乳はそんなに簡単に手に入るものでもないですし
自分が既婚者で妻が妊娠出産をしても、その母乳を飲ませてほしいと言いづらいところもありますよね。
そして狭い嗜好だからこそ、需要を満たせる場所が必要ですよね。
妊婦と母乳とひとくくりにするのは全く違うものではありますが
関連性として、その時の経験からそれぞれの性愛の特徴を紹介しようと思います。

●妊婦性愛とはどんなもの?●

妊婦の場合には、そのお腹に赤ちゃんがいる、それなのに性行為をする背徳感や罪悪感
またそのお腹のふくらみの神秘、妊婦ならではの黒ずんだ乳首、つわりを起こしている状態や
中には妊婦の穿く大きなぱんつも好き、という人もいます。
妊娠中は血液検査や性病検査をすることから、風俗で利用する男性の中には
性病の心配がない相手だと思っていることや、たとえば性行為を避妊しなくても大丈夫と思っている人もいます
※基本的には清潔のためにはゴムを利用することが大切です!

妊娠中は人によっては性欲がなくなる人もいますが、逆に性欲が増す人もいます。
私の場合には増す方でした!なので全然苦ではありませんでした。
さすがに妊婦風俗を初めて利用する場合には心配になったり大丈夫かな?と思うようですが
利用し慣れている人にはむしろ配慮しつつ、その優しい対応をしている自分を好きなように見えました。
妊婦風俗の場合にはあらかじめ優しいソフトプレイをするように注意されているので
働く側も利用する側も基本的に穏やかな雰囲気だと思います。

臨月に近づくとお店を休み、出産後には母乳が出る女性としてそのまま風俗に勤める人もいます。

●母乳性愛はどんなもの?●

温かいママの腕の中で柔らかなおっぱいに包まれて、触れる幸せを感じながらおっぱいを飲む・・・
触れる事や授乳で幸せを感じるホルモンのオキシトシンが分泌されるのがわかっていますが
そうやって触れ合うことでの幸せをさらに母乳からも得る、という印象があります。

甘えたいけれど甘えられなかった、もっと女性に甘えたい、甘えることで自分のストレスを軽減させたい
そんな思いが伝わってくるような感じもします。
また母乳を浴びせさせられることが好きな人もいます。顔面や全身に母乳をかけられることが好き・・・
これはウェット&メッシーフェチに通じるところもでてくると思います。
授乳プレイや搾乳プレイ、その乳首から放出される母乳を見たり飲んだりかけたり・・・
授乳して大きくなっている乳首を舌で、唇で、目で味わうことは母乳性愛の人にとってはとても幸せなシーンですね。

母乳性愛を持つ人は同時に赤ちゃん返りをしたい願望を持っていることが多々あります。
その場合にはおむつを替えてもらったり赤ちゃん言葉であやしてもらったり
「ダメでちゅよ~」「いけない子でちゅね~」などという言葉責めもたまらなく興奮する人もいます。

どちらにも言えることは母性があるということです。
妊婦よりは母乳性愛の方が甘えたい気持ちが強い人が多いと個人的に思います。

●どちらも女性の愛情を感じられることに通じる●

妊婦は心配だからハードルが高く感じる人も、母乳性愛ならば割とハードル低くトライできることではないでしょうか。
そこで目覚めることもありそうです!
母乳の温かさや甘い香り、そういうものを一度は体感してみるのもいいですね。
少し新しい扉を開きたい人にはおすすめできるプレイです!


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/doraken/public_html/hentai-alliance.com/wp-includes/wp-db.php on line 3091