男性の「アナル開発」…まだ修行続けますか?それとも楽にイキますか? | ドライオーガズム研究部

男性の「アナル開発」…まだ修行続けますか?それとも楽にイキますか?


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/doraken/public_html/hentai-alliance.com/wp-includes/wp-db.php on line 3091

こんばんは☆ドラ研部長の葵です(^^♪

先日、28歳になりましたー☆

2016-02-20_08.45.15

樹姉さんにもらったの♡ 可愛い♥嬉しい❤
ムーミン大好き(⋈◍>◡<◍)。✧♡
姉さんありがとー✨

相変わらず・・・

誕生日だろうが関係なく
ドライでイキたい男性と一対一で向き合い
じっくりと指で触り

「ここが前立腺だよー、今体反応したねー、
グングン込み上げてきたよ、もっと感じて

あ、キタキタ、そうそう、これ、今だよ
今イったよ、そう、これがドライオーガズム。

ここからもっと来るよ、さらに感じて
そう、またキタ、自分でもわかってきたね」

というようなやりとりをやっていましたよ(笑

ますます自分でも、
これが風俗なのかあやふやな感じになっているのですが(;´・ω・)

セッションの中でのお客様との対話の中で

これはセラピーもしくは、相手によっては自己啓発を促す行為にも
繋がっているんじゃないかと思ったりもしています。

今日はちょっと、そっち寄りのことを書きますね♪

体と心は、言うまでもなく密接に繋がっていて
「体の解放」を知ると、気持ちがホッとしたり
嬉しくなったり、
何かしら内面への影響がありますが

最近は
そもそも、ドライオーガズムに興味を持たれる方は
心のどこかに「楽になりたい」という気持ちがあるのかなと感じたりもします。

そして、ドライでイキたいという思いが強ければ強いほど
その思いが強いのかもしれない。

ドライオーガズムを達成すると、自分が生まれ変わるような
そんな幻想を抱いている人も少なくありません。

でも、そうやってドライオーガズムというものを神格化すればするほど
どんどん「イけない」ループにはまってしまう…。

それは、その壮大な『ドライオーガズムへの道のり』の中に
楽しみを見出してしまっているからじゃないかな?と私は感じます。

みんな『修行』という言葉が好きなんじゃないかな。
頑張ってる自分でありたいんだと思う。

ドライでイって、心身ともに解放されたい、楽になりたいという
願望を抱いておきながら
「イこうとして頑張ってる自分」にこだわり、踏みとどまっている状態。

こんな矛盾を抱えている人は、実際とても多いです。

ドライオーガズムでイクためには、頑張る必要はありません。
必要なのは、感じることです。
イこうとする意志も必要ですが、
グッと込み上げるものをキャッチしたら、あとは「逃避」「解放」するというイメージです。

感じたらまずは、軽いジャンプでも飛んでみること。
「イキそう」にこだわり続けても、体が重くなる一方で
いつまで経ってもジャンプできません。

感じることで膨らませた風船を
ふわりと風に乗せて飛ばすようなイメージ。

高まりきったものをキャッチしたら、あとはそれを「手放すこと」、
「自由になること」=オーガズムの時間です。
難しく考えなくとも
体の反応が素直であれば、
風船は自然と膨らみ、膨らみきったところで自然と飛んでいきます。

それから、ドライでイった感覚に「正しい」も「間違い」もありません。
自分自身が感じたことがすべて。

つまり、体験してみて、何を感じるかは人それぞれで

それを、「あの人がこう感じたって書いてたから、自分も同じように感じなっくちゃ」

と、自分の感覚よりも他人の意見を優先させる必要などない、ということ。

自分が感じたことが、何よりも正しく
誰よりも、自分の感じた事を大切にするからこそ、深くイける。
イったことに納得できる。
そして、満足できるのだと思います。

まとめると、
・ドライでイクには、頑張らなくていい。感じること。
・まずは軽い気持ちでジャンプしてみること。
・自分の感覚を信じて、完全に意識を自分に向けること。

ポイントとしてはこんな感じでしょうか。

なので、修行が好きで、修行を楽しみたいのであれば
それはそれで「果てしない道」を歩めばいいと思いますが

それが嫌で、早く楽になりたいのであれば
やっぱり
降参して、信頼できそうな人を頼るのが一番の近道なんじゃないかと思う。

これは、うちの店に来てほしいから、こういう言い方をしているとか、そうじゃなくて
客観的に見ても、そう思います。

一人ですると、修行スタイルに陥りがちだからね(^^;)
難しいのは当たり前だと思う。

気持ちを解放して快感に浸るには
そこに導いてくれる人に身を委ねるのが、一番楽なんだと思います。

それから、セッションに挑む際のポイントという点で、加えて言うなら
これらのことに深くとらわれず
難しくも考えず、
ただただ「楽しむこと」です。

感覚の話なので、自分が感じたままに遊ぶこと、です。

気持ちいいことは、楽しいこと!そして幸せなこと!
だから面白い!

もうそれだけでオールOKなので(^_-)-☆

ちょっとまた偉そうなことを書いてしまいました!

今日はこのへんにしておきます♪

季節の変わり目、体調崩しやすい時期なので
皆さま、体調管理に気をつけてくださいね★

それでは皆さま
オヤスミなさーい☆彡

ドラ研♡aoi